滑って、滑って
2018年06月06日 (水) | 編集 |
左手にボール持って、スマッシュ練習。

ボールを高くスマッシュの時の左手の位置。斜め右、左肩越しにボール見て。

左手のボールに、飛んできたボールを当てる。
左手のボールに飛んできたボールを当てるつもりで、ラケットで当てて、同時に右手は胸の前。入れ替える。

当てたラケットはフラットに当てて、うつ方向へフォロースルーしていき、最後は左脇に収める。

これをして見て、思ってるより私はもっとボールに近づかないといけないことがわかった。いつもは遠すぎてうまく当たってないんだね。


滑るストローク
遠目のボールを追いかけて、滑らずに取りに行くと勢い余っておっとっとと通り抜けてしまってる。
打ったらすぐに次の動作に入れるよう、遠いボールは滑って打つように。すると次の動作に入れる。

後ろのボールを追いかけるなら、フォアは右足滑らせて、バックは左足滑らせる。

前のボールを追いかけるなら、フォアは左足、バックは右足、でクロスになる。
インパクトと同時に、もう一方は足を振り込んで行く

まえがクロスになるスタンスで違和感、でも多分この方がリーチは長くなるし、ボールに近づける。
でも、滑ると打点が難しい。
 並行陣ではネットより高いボールを前衛に
2018年05月31日 (木) | 編集 |
チャンスボールは?

緩めに相手が苦し紛れに、もしくはミスって浮かせてきた高いボール。
速いボールは高くてもチャンスボールとは認識してない。

いやいや、並行陣でいて、そんなボールを待っていては、いつまでたっても決められない。
と、天才のコーチ。

ネットより高いボールなら、速くても直線的でも、ストレート(前衛)側へ持っていけ。
と。
決めると言う意味ではなく、つなぐのではなく前衛がわへ持っていく。打ち込めないなら、足元へ沈める。

そんなことできないよ、と思うけど、いつも通り一応やって見るわ。
 ラケット一本分
2018年05月13日 (日) | 編集 |
スマッシュも、ストロークも、サーブも、みんなラケット1本分はスタンスをとる。
膝を曲げる、棒立ちにならない。
下半身の力を使って打つ。
上半身に力を入れても手打ちになるだけで、威力は出ない。

サーブ、バックサイドの時に左足をエンドラインと平行にしてたんだけど、斜め45度?にするように言われる。

まあ、スタンスを広げろって、以前、坂本さん練習会で言われたなあ。
やってみよう。
 少し走ってボレーしに行く
2018年04月17日 (火) | 編集 |
平行陣と雁行陣で

雁行の方が、一つ突いて返ったボールをロブで返して前へ出て平行陣になる。
良いロブの場合はチャンスが来るからサッサか上がる。

平行で始まってる方も、ロブをあげて並行になったという設定なので、サービスラインの少し後ろから、ちょこっと走って相手が打つときにスプリットステップする。

普通、みんな並行の時、その場でスプリットステップしてるけどあれはただのジャンプで何もならない。
ボレーは取りに行かねばならない。その場でとるとミスをする。
必ず前へ踏み込んでもしくは踏み込みながらボレーをする。
そのために常に前へ走ろうとして相手が打つときにスプリットしながら打ちに出て行く。
前へ、前へ。

ええ〜〜〜っと思ったけど、実際やると(やるのがまた難しいが)、今までとれてなかったボールを取れるようになる。
不思議な感覚。
前へ走ってスプリットして前へボレーしに行くという感覚が極めて難しいんだけども。。
とりあえずしばらく練習だな。

それと、相手からのロブやハイボレー、振られてやっととったボールなど、
「ただ返すだけでええんちゃうん?」
と、必死でラケットを振りたくる私にコーチ。

ああ。。。そっか、ポーンと返すだけでいい時と、しっかり打つ時と、両方なくては。
私は特に反応が遅いから早くしばくと早く返って来て自滅するから、チャンスボールにならなように、ただ返して次に備える。
こんな簡単なこと忘れてた。

ありがと。
 我慢して!スマッシュ
2018年04月06日 (金) | 編集 |
当分、Kこさんとはお別れ。

今日の覚え書き。
スマッシュでボールが来るのが待ちきれない。

スマッシュは、構えるのを素早く、ハイボレーとは違い、ボールの真下に入って、インパクトまでは小さく足を小刻みに動かす。
小刻みにちょこちょこ動いて、ボールの下に正確に入る。
そして、インパクトまでは、左手を上に、ラケットは頭の後ろに構えたままじっと横向きキープする。
ボール来てないのに、体が回ってしまう。
我慢する。我慢して我慢して。。。
一体いつ我慢を解けばいいかわからない私。

ボールが打点に来るまでだよね。。。。

ハイボレーでは飛ばないで落ち着いて、腕を伸ばして。
 もっと右においてハイボレー
2018年03月31日 (土) | 編集 |
いつもながらのハイボレー。

高い位置から引っ張るんだけど、なんだか力が入らない。

そしたら、
もっとボールを右において!
との声。
どうやら、自分がボールの方へ寄って行ってしまい、ボールとの距離が近くなってしまって、必然的にラケットが縦になって引っ張りにくい形になってる。

もっと、ボールを横において、ラケットの右側からボールを引っ張る形にできたら、力も入るし、しっかりしたボールになるよ。


それから、ゆるくて短いチャンスボール、
走って叩きにいけるなら、ラケットはフラットに構えて、突っ込んで行って、足止めないで縦にラケット使って叩き落とす。
この時もパンチにならないで
パンチは高い位置でネット高い時だけだね。
縦でもしっかり足つけて振ること。

サービスラインの位置からハイボレー。
ロブケアしながら。
ロブ抜けないのはもちろん、その位置からでもハイボレーで叩けるのだ!

それと毎回言われるけど、インパクトでラケット被せない、さっとあげる。飛びあがらないで、セットで右手右足してすぐに左足つける。それからインパクト。
 雁行前衛の練習
2018年03月21日 (水) | 編集 |
雁行前衛は、来たボールを決める。
そのためには、その場で落ちて行くボールを落としてとってっはダメ。

スプリットしたら、前へ踏み込んで行って、高い位置でボレーーするよう心がけるべし。。