FC2ブログ
 スマッシュー
2018年07月31日 (火) | 編集 |
前回の超横向きスマッシュもありですが

横向きすぎて、足も足の側面が前になっていた、それでいいと思った。
普通のスマッシュ、いや、前回のスマッシュでも。。。

左足はつま先を斜め右に向けて(30、40度?)、その足は最後までそのまま
クルンと回さない。

そしてラケットを直線的に頭の後ろへ素早く担ぐ。「1!」でラケットは頭の後ろ。
「2」で右足をつま先少し斜めにして踏み込んだら動かさないで、「3」でインパクト。
ラケットスピードを上げること。

打点は頭の上の少し前。右側へおかないように、スマッシュは。


逆にハイボレーは右側にボールを置いて離して、やはりスイングスピードをあげる。
脇を開けて、ボールを遠目においたほうが振り抜けるし、力が入る。ボールに近づきすぎない。


フォアのボレー:
ボレーするときも、顔が常に前向いてる(ポーチの時もだな)
左手を斜め前へ出して、顔を横向けて左の目でボールを見る。
横からボレーに入ること。そしてインパクトは止める。

一二、三、でスマッシュ。何度もやらないとだめんね
 クロスからのボールをストレートにスマッシュ
2018年07月21日 (土) | 編集 |
フォアストローク:
左手が残ってるらしい。
インパクトの時には左手を脇に。入れ替えるようにするんだよね。。

ストレートへのスマッシュ:
ボールがクロスから飛んできたら、ボールの方を向きたい気持ちを抑えて、
キュッと左足を斜め前へクロスに置く
肩を入れて左肩の横からボールを見る。
ひだりては斜め前へさっと(イチのカウントで)あげる。
グリップは薄く、インパクトの時に親指でうつ感じ(Kさんは小指で、って言ったけど、それじゃ逆に行くよ)
足をクロスさせることで体が回るのを防げる。

私はもう一つ伸び上がらないで足を地面につけることを気にしなくては。伸び上がると力が伝えられない。
打点が問題。どこで打ちたいかを体感して、その場所まで動く。

この仕方で、とても気持ちよく当たるし、やりやすい。あとはそのままでいいから、スイングスピードをあげる。
 バックボレーのポーチ
2018年06月30日 (土) | 編集 |
ポーチのバックボレー、前回、左手のグリップが厚すぎていたことが判明。ちゃんと薄いグリップで持つとうちやすい。

高いボールはチャンスボール、前衛側へ打ち込む。置きに行かないで決める。
バックボレー、左手で打つ。右手に力入りすぎるとダメ。
左手で打つ。
左手で打って体の右側へ引っ張ってくる。一生懸命引っ張ってくる。
右手は添えるだけ。
私は右手で打ってる。右手手動だから右肘を打った後に後ろへ引いてしまってる。
そうではなくて、左手でインパクトして右側へ引っ張ってくる。

強く打つなら長く引っ張り、緩めるならコンパクトに打つ。グリップ緩めたりはしない。

低いボールはポーチでなかったんだけど、それは後衛側のネット側へ落とす。
左手で打つのは一緒、引っ張るのはコンパクトにとどめるけど、引っ張らないと当たって飛んで行く。
足は左側へ踏みこみ、体も左側へ移動。
インパクトだけが右側へ引っ張る動作。
打つ前はしっかりボールを見るけど、打った後のボールは見ないで前をみておく。

下からすくい上げると浮いてしまうから、できるだけ上から抑え込むイメージで。

この、左手で打って右側へ引っ張る、右手は添え物。
を実践すると、普通のバックボレーも楽になるよ。


そうそう、ハイボレーは自分で思っているよりももっと右側へボールをおいて、身体はボールから遠ざける。
スマッシュは、逆で自分が思っているよりボールに近づく。左手でボールをキャッチできる位置に行く。
 滑って、滑って
2018年06月06日 (水) | 編集 |
左手にボール持って、スマッシュ練習。

ボールを高くスマッシュの時の左手の位置。斜め右、左肩越しにボール見て。

左手のボールに、飛んできたボールを当てる。
左手のボールに飛んできたボールを当てるつもりで、ラケットで当てて、同時に右手は胸の前。入れ替える。

当てたラケットはフラットに当てて、うつ方向へフォロースルーしていき、最後は左脇に収める。

これをして見て、思ってるより私はもっとボールに近づかないといけないことがわかった。いつもは遠すぎてうまく当たってないんだね。


滑るストローク
遠目のボールを追いかけて、滑らずに取りに行くと勢い余っておっとっとと通り抜けてしまってる。
打ったらすぐに次の動作に入れるよう、遠いボールは滑って打つように。すると次の動作に入れる。

後ろのボールを追いかけるなら、フォアは右足滑らせて、バックは左足滑らせる。

前のボールを追いかけるなら、フォアは左足、バックは右足、でクロスになる。
インパクトと同時に、もう一方は足を振り込んで行く

まえがクロスになるスタンスで違和感、でも多分この方がリーチは長くなるし、ボールに近づける。
でも、滑ると打点が難しい。
 並行陣ではネットより高いボールを前衛に
2018年05月31日 (木) | 編集 |
チャンスボールは?

緩めに相手が苦し紛れに、もしくはミスって浮かせてきた高いボール。
速いボールは高くてもチャンスボールとは認識してない。

いやいや、並行陣でいて、そんなボールを待っていては、いつまでたっても決められない。
と、天才のコーチ。

ネットより高いボールなら、速くても直線的でも、ストレート(前衛)側へ持っていけ。
と。
決めると言う意味ではなく、つなぐのではなく前衛がわへ持っていく。打ち込めないなら、足元へ沈める。

そんなことできないよ、と思うけど、いつも通り一応やって見るわ。
 ラケット一本分
2018年05月13日 (日) | 編集 |
スマッシュも、ストロークも、サーブも、みんなラケット1本分はスタンスをとる。
膝を曲げる、棒立ちにならない。
下半身の力を使って打つ。
上半身に力を入れても手打ちになるだけで、威力は出ない。

サーブ、バックサイドの時に左足をエンドラインと平行にしてたんだけど、斜め45度?にするように言われる。

まあ、スタンスを広げろって、以前、坂本さん練習会で言われたなあ。
やってみよう。
 少し走ってボレーしに行く
2018年04月17日 (火) | 編集 |
平行陣と雁行陣で

雁行の方が、一つ突いて返ったボールをロブで返して前へ出て平行陣になる。
良いロブの場合はチャンスが来るからサッサか上がる。

平行で始まってる方も、ロブをあげて並行になったという設定なので、サービスラインの少し後ろから、ちょこっと走って相手が打つときにスプリットステップする。

普通、みんな並行の時、その場でスプリットステップしてるけどあれはただのジャンプで何もならない。
ボレーは取りに行かねばならない。その場でとるとミスをする。
必ず前へ踏み込んでもしくは踏み込みながらボレーをする。
そのために常に前へ走ろうとして相手が打つときにスプリットしながら打ちに出て行く。
前へ、前へ。

ええ〜〜〜っと思ったけど、実際やると(やるのがまた難しいが)、今までとれてなかったボールを取れるようになる。
不思議な感覚。
前へ走ってスプリットして前へボレーしに行くという感覚が極めて難しいんだけども。。
とりあえずしばらく練習だな。

それと、相手からのロブやハイボレー、振られてやっととったボールなど、
「ただ返すだけでええんちゃうん?」
と、必死でラケットを振りたくる私にコーチ。

ああ。。。そっか、ポーンと返すだけでいい時と、しっかり打つ時と、両方なくては。
私は特に反応が遅いから早くしばくと早く返って来て自滅するから、チャンスボールにならなように、ただ返して次に備える。
こんな簡単なこと忘れてた。

ありがと。