我慢して!スマッシュ
2018年04月06日 (金) | 編集 |
当分、Kこさんとはお別れ。

今日の覚え書き。
スマッシュでボールが来るのが待ちきれない。

スマッシュは、構えるのを素早く、ハイボレーとは違い、ボールの真下に入って、インパクトまでは小さく足を小刻みに動かす。
小刻みにちょこちょこ動いて、ボールの下に正確に入る。
そして、インパクトまでは、左手を上に、ラケットは頭の後ろに構えたままじっと横向きキープする。
ボール来てないのに、体が回ってしまう。
我慢する。我慢して我慢して。。。
一体いつ我慢を解けばいいかわからない私。

ボールが打点に来るまでだよね。。。。

ハイボレーでは飛ばないで落ち着いて、腕を伸ばして。
 スマッシュの足
2018年02月20日 (火) | 編集 |
ハイボレーは金曜の通り。パンチボレーにならないように。
しっかり押す。

バックのハイボレーもミドルボレーと同じように、右側の下方向へ引っ張ってくる。
今は、スイングボレーみたいになってるそうな。そうだろな。
うまくいかない。

スマッシュ、当たってない。
前に出す足を回さないように、靴の側面を横にして踏ん張るんだけど、その足が右足の前か少しクロスになってしまって、体が回らなかった。クロスにならないように気をつける。もちろん、体は横向ける。
打点を前で捉えるように気をつける。ラケットの先で当たるように。今は下で当たってる。

サーブ
トスをもっと前にあげて、インパクトの後も前へ動く。
今は打つ前から後ろ体重になってるのであたりがおかしい。
もっと前へ飛び込んで。

平行陣の位置で相手からのボレーを処理する。
足元や、ローボレー、ハーフボレーの処理。
相手打つ直前に必ずスプリットしたら膝を曲げて柔らかく。
インパクトで力を入れてボールをセンターとクロスへ送る。
ハーフショットになりそうな時ほど、慌てないで落ち着いて処理する。
振られても、斜め前へ取りに行って、すぐ元の場所へ戻る。

戻りは、ピボットだ。踏み込んだ足を踏ん張って、弾みをつけて戻る。
打ち込んだら即座に戻る。
戻りが早いほど次が楽になる。
打ったボールを見てたらあかん。
 ハイボレーったらハイボレー
2018年02月18日 (日) | 編集 |
ハイボレー、なんか変だったのね
直されました。二人羽織のように手取り足取り。

構えがどうしてもパンチボレーの構えになってるらしく、で、意識しすぎると肘を伸ばして腕伸ばしすぎるらしく。
肘は軽く曲げて、手首をちょっとだけ後ろに、グリップ軽く握って面はちょいと壁側で。

そこからいつも「右から!右側から打っていく!」って言われてるからつい
ラケット右側からすくうようにスライスかけてしまうか、ラケットふってかぶせてしまうらしい。

じゃなくて、基本、ラケットセットからインパクトはフラットで当てる。
コースによって軌道を変えて、フラットに当てる。だから威力もでる。
当たってから引っ張る。
手のひらを上に。ひっぱり切らないで途中で止める

何んというか字で書くのは難しいぞ。そもそも体でもわかってないぞ
二人羽織だからな。
フラットで当たるのが基本だということが大事だね。
 ハイボレー変更
2018年01月27日 (土) | 編集 |
変更は構えではなく足。

踏み込めるように、軸足で踏ん張って、インパクト同時に前の足踏み込むようにしていたけど、それだと打点決めるのが難しくなるようである。
そこで。。。

構える時に、右手右足で前の足もついてからインパクト、に変更。
ちょっと慣れるのにかかったけど、少しの時間をずらして、足おいてからインパクトすると、前へ踏み込みするのが楽になる気がする。まあ、わからんけど。。。


そして
ボレー
フォアボレー。面をインパクトの後、ストロークみたいに伏せないで(回さないで)、グリップエンドから引っ張る。
途中で止めないで引っ張る。。。

形式:
クロスへストローク
ショートアングルに打って相手を動かす。
センターへストローク。

クロスへ深くーーーーショートアングルーーーストレートロブーー前へ出てチャンスボールを決める。

ショートアングルは危険だけどな。。。相手が弱ければきくかもね。
 スマッシュ
2017年12月27日 (水) | 編集 |
今年最後のレッスン。

スマッシュ。
昨夜見たパラリンピックバドミントンの選手のように、左手を上げてちょこっと左巻きにねじってみる。肩がもっと入る。

左手は頭の上の位置、、そして前。私は右側に上げすぎ。
そこに左手を上げて、ボールをその手の左側に見る。視線もそこ。
だからかなり横むく。

そして「弓」
ラケット担ぐ腕と前に伸ばした左手、背中にしわを寄せる、肩甲骨をキュッとしめる。

打点決めたら、左足の側面をしっかりつけて、インパまでは腰回さない。横向き。
インパクトと同時に回して行く。振り抜いたらそれで止まる。体回しすぎないように。

ちゃんとできた時、スマッシュなのに、前のようにパチンと打つのではなく、ボールが面になってる感じがした。

休みだから忘れるかも〜
 スマッシュの時の左足動かすな
2017年12月20日 (水) | 編集 |
スマッシュ
ラケット頭の後ろ、面はガットで後頭部コツコツ出来る形。手首ゆるめて、左手あげる。
スマッシュは、飛んでくるボールの軌道の真下に入るイメージ。

右側にボールを置かないように。でも、、打点は前。

左足は体の前へ斜めに出して、靴はネットに側面が並行。側面をしっかりつけたまま、動かさないこと。

足の裏は絶対地面につけておいて伸びないで飛ばないで打つ。
そのためには打点に正しく動いて、入ることが一番重要。これが難しい。打点までは足細かく動かして入り、打点決めたらもう動かないで地面を踏みしめる。

私は打ちながら、つま先支点でくるんと回ってしまうので、しっかり打てない。

練習するしかない。


ボレー
はいボレー同様、右側からボールを打つ。
ちょい当てて力抜く感じで短く打つ。
小指薬指で打つ。

インパクトと同時に前の足踏み込む。私は少し遅れて踏み込んでる。
 次に備えることの大切さ
2017年12月08日 (金) | 編集 |
当たり前なんだけど。。。

雁行同士での形式。
コーチがアプローチ用に短いボールを出すので、それでアプローチショット。しっかりセンターとか動かすとか狙っていく。

アプローチを受ける側は、相手が上がってくるので、どこへ打つかを決めておいて狙っていく。
センターがいいけど、漠然とセンターと思ってると、前衛の方へ行ってしまうので、上がってくる人にバックハンド低くを狙う。
つまり、センターベルトより向こう側。沈めることが大事。
そして、どこまでいけたかどうかに関わらず、相手が打つ前にスプリットで止まって、ファーストボレーに備える。
ファーストボレーは絶対に入れる。

相手は上がってきてるんだから、沈めないとミドルかハイでボレーされてしまい、決められる。

この沈めるボールを打つのに、必死で打ってもコントロール出来ないので、緩める。
ただ緩めただけのボールはなんとでもされちゃうので、回転。
エンドラインより下がって、タメを作ってゆっくり下から上へとスピンをたくさんかけると、いい感じでゆるい沈むボールがいく。
このときもいつもどおり、左手を低くしておれば、低いボールが行くように思う。

相手のアプローチが良くて、差し込まれて、沈めるボールをコントロール出来ないと思ったら。。。
ロブ。
このロブ、しっかり振る。チャンスボールにならないように。
今日は、こないだ習った、サイドスライスをかけるようにしっかり振りきってみた。
しっかり回転かけて高く振りあげれば、回転多いせいで滞空時間長く、よいロブが上がる、気がする。

そして、上がってきてる相手に沈めるボールを打てたり、良いロブが上がったら、自分もそれでアプローチする。
前へ行くけど、アプローチがロブであれスピンであれ、そのままの勢いでタタタっと行きながら
ちゃんとボレーの構えをすること!

意外と、スピン打った腕のまま前へ行ってしまう。ラケットヘッド下がってる。そこからボレーしたら遅れる。
スピンかロブ、走りながら構えてラケット高く、相手のいかなるボールにも備える。


これって、ハイボレーの練習、スマッシュの練習の時に私がいつも言われる
「さっと構えて!下から回すと遅れるから顔前通して!」

と同じやん。。。。
さっと構えたら余裕が生まれる。ミス減る。わかってるのに癖がついてない。
アプローチからの構えもずっと言われてる。
構えたら、相手のロブ抜きにも、なんとかラケット届く。

大事だわ。。。。わかってることだけど、全然できてない。