いろいろ
2016年11月01日 (火) | 編集 |
K子さんにはしっかり握るように言われているが、Iコーチはやはり、親指人差し指薬指という。
とにかく力まないようにする事が大事。
サービス、安定しない。やることは色々ある(トスを高く、グリップ握らない、力抜く、頭残す、左脇まで振る)など、どれが一番大事か考える。
ストロークでもサーブでも、頭を残す。体を一緒に回さない。頭残したままスイングする。

リターン:ストレート抜く。これを強く打つか緩く回転かけて脇に落とすか。ストレートロブ、膝を柔らかく使って腰で打つ、手であげない。打ったら見ないで構える。打ったらすぐにえらい目に会うと思って構えること。

ちょうしわるー
 グリップ
2015年11月05日 (木) | 編集 |
スピン打ててきてるけど、かかりの悪い時は、多分フラット気味にラケット面が動いてる。

その原因のひとつが、自覚症状のある、親指と人差指でクイっとヘッドを先行させてしまうこと。
かと言って、「肘から出てヘッド遅らせる」を実現させようとすると、手首の角度に意識がいって、角度保つための力が入り、脱力とは言えなくなり、やはりスピンはかかりにくくなる。

コーチに言われて少しだけグリップを変える。

親指の指先腹あたりでグリップを支えていたのを、親指の先をグリップの先に出す??
上手く言えないけど、もうすこし親指の中腹でグリップを支えることにした。人差し指はそのまま。
小指はもちろん力入れないか離す。


これでかなり、肘から出てヘッド遅らせながら、握らず力入れないことができた。
でもかなり微妙な加減だから、練習して反復しなくちゃね。
 台風の中
2015年07月16日 (木) | 編集 |
朝の9時から昼12時まで曇り、との予報通りで、レッスンはできました。でも、風が強い。

「テイクバックはしっかりやって、手首の角度をキープしたまま崩さない、グリップから出てヘッドを遅らせたまま、インパクトの後もちゃんと振り切る」

「振りきったら、すぐさま胸の前でレディポジション。バックハンドに持ち帰るときは、左手でグリップを回してからテイクバック」

「軸足を出して体重乗せたら膝を曲げる。ラケットヘッド下げる」

体幹真っ直ぐ、体重は前のめりではなくて逆に後ろ気味の方が、ネットしそうでもネット超える不思議。

上から回してテイクバックで左手でラケットを横にするようにしてるけど、これの悪い点は左手のせいでラケットヘッドが落ちにくいこと。意識して、テイクバックの形ができたら3本指というか脱力してヘッドを落とすようにしてる。
後、相変わらず、グリップが少し薄いな。

ヘッドが先に行ってしまうとミスをする。
手で打つのでなく、遠心力で打つ感じを覚えないと。手で打ってしまうとスピンはかからない。
たくさん回転かけたいなら、スイング速くするより、テイクバック大きくしてゆっくりスイング。

ボレー:緩いボールでハイボレーするなら、フォアは厚く握ったほうがいい。まえにK子さんに言われたような、面を決めたら、その面の向きを変えないようにしつつ自分の方へラケット引っ張るー

レッスン終わったら、雨が降ってきた。
今夜、ひどくなるのかなー。。。
 バックボレー
2015年06月24日 (水) | 編集 |
試合前に振り替えレッスンで、マンツーしてもらった。

バックボレーが壊滅的。
特に、アプローチを打った後、並行陣になろうとネットへ詰めていってのファーストボレーかセカンドボレーでセンターを狙われたら。。。
それが、良いボールで、スピードか回転が強い時。
ガシャる。。。9割の確率で。

改善:
結局、一番良くなかったのは、バックボレーで肩を入れて横を向いてボールを惹きつけているつもりだったけどそうじゃなかったこと。

ミスった後、必ず、なんちゅーか、当てただけ???な感じ。体の横で羽子板みたいに当ててる感じ。
自分のイメージでは面に乗せてぐーっと押したいのだけど。実際にはペチョっと当たってるだけ?

原因は、クロスボール、クロス位置の相手に向かって詰めていっているのに、体はクロスむいてるから方が入っていると勘違いすること。ネットに対しては、確かに肩入ってるかもしれないが、相手はクロス位置だし。。

肩を入れるということは、相手に対して背中を向ける感じ。
実際に私がしてるのは、まさに体がひらきっぱなしで前向いてる事になる。

脇を開けて、芯はまっすぐにして、背中を向けて、インパクトは顔の前くらい。
迎えに行かない。
実際には、私は前でとりすぎ。。。かなり前。。前で、かつ体開いてる。
インパクトで顔残す。見ないでもいいくらい。
グリップは握らない。左手主導でグリップエンドから出す。肘から出てヘッドを遅らせるは同じ。

面にのる、を実感すること。

グリップエンドの進行方向へボールは飛んでいく。

ちょっと時間たったから忘れちゃいましたね。
とにかく一番大事なのは、相手に対して背中向ける。顔の前でインパクト。ですな。

PS:おかげで翌日の試合ではバックボレーのあの嫌なミスは序盤の1つ二つ程度で、後はミスなし。3位でした。バンザイ。
 スピンだよー
2015年06月04日 (木) | 編集 |
お医者さんのMさん参加。

ここんとこずっとコーチ特製の「スピンマスター」装着。

今日の覚書:
手首の角度を保つ。インパクトするまで角度は変えないで手首は使わない。

レディの時はラケットを手前へ傾ける(スピンマスターのひもは緩む)。

テイクバックでは脱力する。上から下へ回してテイクバックの最終段階で「スッ」とというか「クイッ」と完全脱力してラケット下がる。そこから肘先行、グリップエンド先行で、ボールの下へラケットを入れて振り上げるイメージで。

インパクトしたら面で上へラケットを振りあげて肘が適当に(浅い、深いで変わる)上がったら完全脱力して遠心力でラケットが振りきれる。

軸足の膝はしっかり曲げる。← ボールの下にラケットを入れやすくなる。
体幹は真っ直ぐか、できたら腰をぐっと入れて斜め後ろに傾くくらいでボールを後ろから見る。

逆クロスの時に、フラット気味になったり、振り遅れたり、横降りになったりするときって、肩がちゃんと入ってない。もしくは、腰が打つ方向に対して垂直になってない。逆クロスなのに、ネットに対して腰が垂直になってる。それでは、実際にひねらないといけない角度の半分しか捻ってないことになり、振り幅が半分になるので、ボールを面にちゃんと乗せられない。

ラケットダウンも大事だけど。。。私にとっては。。

膝をしっかり曲げて低くなる(サーブでも大事)。
左手をしっかり斜め前(但し、打つ方向に対して。ネットではない)に出して、体を捻り、肩を入れてスイングの幅をキープする。
という二点が今日の確認事項であり、重要なことだなあ。

ボールの下から、ヘッドを下げたままのラケットを面を縦に使ってボールを乗せて振りあげれば、感覚は軽く「カシュッ」という音のスピンが打てる。バウンド後はすごく伸びる。

大事だ。
 グーとパー
2015年06月01日 (月) | 編集 |
H市にて、誘われてのゲストレッスン。
往年の選手でも現役全国プレーヤーのお姉さま達&おじさま。
すんごくアグレッシブ。すんごいアングル。
アングルは決まるのだから力は要らない、を実践されてる。
しかし、あそこからアングル。。。超アングルでワイドで前。
うーん。。

レッスンでは、Mコーチ。
ボレーのタッチの練習。グーで打つと力強い。パーで打つとドロップのように緩められる。
ミドルボレーはちょきだとか。。。(笑)
私的には全部パーでもいいくらいだ。
ほんと、パーで打つといい感じで力が抜けて相手の強打を緩められる。。やってみよう。

ボレーでのロブボレー。
面を少し上向けて、下から上へ打つと良い。横へ打つと強く打つ。
ロブボレーは極めたほうがいいよね。。。

パーで当分打ってみようと。
 バックハンドがおかしいの
2015年05月21日 (木) | 編集 |
久々の基礎レッスン。先日のまさかの敗戦でやる気をなくしてる。

スピン養成ギプスが今日も登場。
手首の角度を固定して、ラケットが先にでないように。いつものようにスピン。
軸足のつま先を外にむけたほうが、腰を回すことができる。
ラケットヘッドが落ちきらないと、うまくいかない。落とすには、グリップの力を抜かないといけない。

重いボールは、ガットに長い時間ボールが乗っている時に回転が多くなって感じるもの。
吸いつく感じとか、ボールが離れない感じとかあるらしい。

スピンで速いボールを打つには、スイングを速くすること。
そのために大切なのが左手。
ラケットのスイングは、腕で振るのではなく、肘を「引く」こと。
左手を斜め前に出して、その時はラケットがテイクバックして後ろに下がってて、振り出すときは左手を脇に引くと同時に、肘を前に引く。入れ替えるような感じで。

インパクトの後はスピードをあげることはできない。インパクト後は脱力して遠心力でラケットを回す。手首は使わない。
左手と右ひじを入れ替えて引くことを素早くするとスイングスピードが上がる。

回転〜回転〜回転を〜かけるのよ〜
かかってたら、バウンドした後にぐぐっとのびるのよー。

ボレーも同じ。ハイボレーは厚めに握ってもいい。

サービスラインに並んで、ローボレーかハーフバウンドかを判断して返す。
迷ったらハーフショットのほうがミスは少なくなる。ローボレーで慌てて浮かすより、ハーフショットを選択して、下がりながら打ったりして、2バウンドするまでためて相手をみてコースを打ち分けることができれば、飛び込まれることもない。
まだまだ、私は難しいボールはただ、返すのみだ。どう返すかまでは思い至らない。

でもって私のバックハンドのボレー。。。
バックハンドは左手のフォアー。
左の肘を体にくっつけないで、離す。これが一番大事。
肘を離すことで、スイングがつまらない。
前は、肘が体の脇にくっつき気味になって、その結果、体幹がまっすぐじゃなくて前かがみになっていたかも。
大事に打とうとして、ボールを覗き込むように前かがみになっていたね。
常に体幹はまっすぐか斜め後ろで、肘は話してグリップエンドから打つ。方向はグリップエンドの向き。
ラケットヘッドをかぶせたり、手首を使ったり、ヘッドから先に行ったりしないように。

これはストロークも同じこと。

レッスン後のTさんとのボレーボレー(クロスで)、
打ったボールを見てないで、早く構える。打ったらすぐにレディで構えて相手を見る。ボールは見ない。
何球目かで、ボールを追いかけてしまう。

それと、Tさんはあまり動いてないけど、私はいっぱい動いてる。
振り回されてる。
それは、自分の打ったボールに苦しめられてる。
振られたときは、時間を稼ぐために回転を多くしたボレーを返す。
速く打ったら速く返る。私のボレーはフラットが多い。
なぜかというと、やっと当てて返してるだけだから。反射で手首でパンと返すのは誰でもできること。
追い込まれた時ほど、緩いボールを打って、時間を稼ぐ。
多分ボレーボレーで強いボールは要らない。それより、スライス、スピン、フラットを打ち分けることができることが大事。
遅くて良い。スライス回転をしっかりかけて、ゆったりとしたボールを送る。

ワイドに振られたらゆったりしたボールを相手の足元に送り、すぐに元のポジションへ。相手の位置を見て、センター気味でペアーよりのボールでも取れるように。もっとセンターの守備範囲を広くすること。

あー、そんなことしても、まともなペアーはいないし、そのせいで勝てる試合も勝てないのよー。
モーやめようかな、テニス。