2007年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

コントロール再び再び 

2007.01/31 (Wed)
tennis1_31.gif今日も暖かく、春を思わす陽気でした。
本日もコントロールがテーマ。先週とは異なり、今度はコートを4つに分けます。サービスラインまでを1、2。その後ろを3、4に。まずはショートテニス、ではありますが、ストレートでどちらかが(1、3)(2、4)と叫ぶ度にその場所へ即座に打ちかえて続けます。次に、クロスで同じように言われた場所へ長短打ち分けます。大切なのはコントロール。正確に言われた番号の深い所へ返します。サービスライン内の場合は、できるだけショートクロス浅く返すこと。ショートクロスで追い出されて返球する時は、それよりももっと角度をつけたショートクロス(ネット際とか)に返すと有効です。また、短いボールであっても、深いボールであっても必ず振り切ること。コントロールをつけるには脱力が大事です。先週言われたように、左手でラケットを持ってスタンバイし、テイクバックではグリップを握りしめないこと!腕に力が入ると途端にボールは短くなります。しかし、上手に力が抜けていると、きちんと深い球が回転かかって飛んでいくから不思議です~♪

次は図の黄色い場所に二人並び、コーチが球出しする直前に言う番号の場所へ正確にボールを打ちます。やはり、脱力していないと微妙にコントロールは狂います。振り抜きを速くする必要はなく、ゆっくりでも正確に振り抜きます。また、センターバンド付近へボールを打ってはいけません。
また次は、ネットを挟んでサービスライン前に向き合い、ボレーボレーをしながら、相手が言った場所へボレーを運びます(現在相手が居る場所以外)。これは、ボレーが難しいというよりは、その番号がどこか判断するのが。。。。脳トレが必要だわ~。。
最後にゲームをしましたが、3ゲーム先取で、すべてデュースにもつれたけど、3-2で負けちゃった。私はミックスダブルスでしたが、相手がお上手な男性でしたので、この結果には満足です。ま、自分のミスがなければ勝ててたんだけど~。ぽりぽり。ミスはやはりいつも同じ、ボールから目が離れる、体が開く、でした。

レッスン終了後、お上手な男性が平行陣のボレー合戦で先週習ったハイボレー(厚いグリップで滑るようなバウンドのボレー)を混ぜていく練習をしてくれました。平行陣でも前衛、後衛の区別はつけますが、前衛はかなり前で相手が近くて怖いです。ついつい下がってしまう。下がると、真ん中が大きく空いてしまうのでNGです。怖かったけど、面白い練習でした。

昨日まで悩んでた「脱力」が今日やっとできたので、とっても嬉しいです。本当に大げさに力を抜いて、クローズスタンスにするとうまく行きました。力を抜いて、しっかり振り抜く!忘れないように。

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:00 |  基礎レッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT