バックボレー続く
2008年10月29日 (水) | 編集 |
体験のおじいさま(恐らく初級?)入れて、4名。
ショートテニス:どうやら無意識のうちに、下から引いてしまうらしい。自分としては肘からまわしてテイクバックしてるつもりなのに~!ラリーが続くと、下から引いたり、下へ回して上へ戻してってやったり、もしくは肘が伸びてしまったり(これは、きっと大きく後ろへ引きたい、と思うんでしょう)してるようです。コーチとHさんが指摘。ありがとう~♪
前々回の、「テイクバック前に一旦両手でラケットを斜め前へ出す」というきっかけを習慣づけておいた方がいいな。

今回もバックボレー。例のグリップで。今回は肘から回してと、特にいわれなかったけど、「脱力」はいつも重要。そして、テイクバックを早くちゃんとする。繋ぎのボレーだからインパクト後もわざとらしいくらい、フォロースルーをつける。ただし、ラケットから打っていかない。肘から前へ引く。

脱力することによって、「ムチのようにしなる感じ」で打てるように。
テイクバックは早く、小さくならないように。小さくなると打ったボールが面に乗らない。乗せて運ぶ。大きくテイクバックするためには(窮屈にならないためには)、準備の時にわきを空けて、空間をつくる(懐を深く)。打つ時に窮屈に感じるなら、わきがしまっている。インパクトまでが重要。

初級のおじさまに合わせたので、私達(私とHさん)は、後方でボレーボレーしたり、隣のコートでショートテニスしたりでした。レベル合わせて欲しいわ~~、ここのスクールはアバウトで、そこがよかったり、悪かったり。

前回同様、球出しをバックボレー(ストレートと逆クロス)~後ろに下がってハーフボレーかストローク(スピンで)。グリップ変えてスピンにするけど、大事なのはラケットダウンと打点。ボレーとは違うから。

ストローク、フォアがスピンかからないと訴えたら、サービスの前にストロークしてくれた。脱力は、自分が意識する以上に脱力しなくちゃだめだなあ。フォロースルーの途中で止まっちゃうときは握ってる。脱力してたら、自然とラケットが体に巻き付くよ。それに、ヘッドスピードも上がるし、ラケットも軽くなる(ラケットエンドの重みでスイングするから)そんな印象を今日受けました。

最後は、サービス。
こちらも脱力。そして、フィニッシュでの手首とラケット面。
ラケット面はいつもどおり地面に平行。手首は、ボレーのときの手首に近いかんじで脱力するように。
同じフォームから、トスの位置やスピンのかける方向によって、バウンド後のボールが変わるのを見せてもらった~。

終わってから、サービスがセンター深くに入った時にショートアングルにやられることを聞いた。

センターばかりに打ってると、相手が慣れる。打ち分けること。特にセカンドでは、回転重視でゆっくりしたサーブを打つといい。ボディにゆっくりした回転の強いボールを打つと有効」とのこと。

回転か~~。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ