短いロブをハイボレーで返す
2009年04月29日 (水) | 編集 |
ミロリン体験(ひやかし)。隣では試打会。私もレッスン前に参加して、グリップテープと1000円割引券をゲット。

ショートテニス。他の人とやると、色んな場所へ飛んでくるから、イマイチだけど、コーチとするときはピンポイントで返ってくるから、調子がいい。バックハンド火曜に注意された点を聞く「右肘が上がる」
それは多分、テイクバックが小さい時になる、らしい。もっと後ろへ引こう。

ボレー&ストローク:参加者が5名なので、半面クロスで勝負。
外へ追い出して内側。センターへ打って、前へぽとり。相手を動かす。
とにかくストロークは打った自分のボールは見ずに構える。これに尽きる。こっちへ打ったら、あっちに来るぞとかね。ボレー、ミス多し。「ガチガチに力が入って、握りしめているよ~」と言われる。そうなんだ。

ハイボレーの練習
ロブをあげられてからの展開の練習なので、相手の間を抜くために、センター当たりを目指す。
バックハンドになるから(ロブ打つ相手はフォアサイド)、左手で面を調節すること。
センターか、またはストレートへ。これも面を左手で調整。フラットで打つ。

一通りやってから、形式。

アプローチをストレートロブで返して、自分は上がる。相手は陣形崩れるからロブが返る。それをケアして、ペア(ロブあげてない方)はロブケアでサービスライン付近まで下がる。ロブあげた人は下がらない。
打たれた方は、ストレート側は取れたらこのロブをカットし、相手の真ん中を斜めに抜く。カットできないなら、後衛がロブを追いかけて、ロブで返す。
練習ではロブが決まる。スライスロブよりも、トップスピンロブの方が深く入れば跳ねるので、相手とれないね~~~。

サービス練習:ちょっと肩がましになってきたかな。

レッスン後は、ミロリン入れて、5名で順番に4ゲーム先取の試合。
なんとなく、試合になると、互角な感じで、楽しかった。勝ち越しかな~。

ちびさん、ウイルソンのラケットにするらしい。新型にするか、一つ前(半額)にするか、悩み中。