Nコーチのアドバイス
2009年07月30日 (木) | 編集 |
ジュニアが合宿に入った(金曜までの3日間)ので、コーチは現地へ。
Nコーチ(女性)がお留守番。
Nコーチは初級担当なので、受けるのは久しぶり。
でも、違う目線から、同じところが悪いんだけど、指摘の仕方が違うので新鮮でよくわかったので記録しよう。

しかし、ウチのチビさんも初めての合宿
真っ赤に日焼けして帰ってきたよ。楽しかったみたいだね~9~5時までテニス

ショートテニス:
体はちゃんと使えている。気になってた腰もちゃんと回ってる。

ボレー&ストローク:
ストロークの時にバックハンドでミスする時は、力が入ってる。
力んで面がつくれないまま、面は上を向いている。
力抜いて、肩を入れて打つように。

形式練習:
並行陣対雁行陣。
並行陣にコーチ(球出し)。
「バンバンテンポよく打っていくのではなく、途中でスピードやリズムを変える。ストロークなら回転数をあげてふわりと落とす。ボレーでもゆっくり打つとスピードが変わる。」
「ロブをふっとあげるのも有効」



ボレーでバックハンドの時に、ミスするのは肩が入ってない。体の前でさばいてる。
両手で打つ(ボレーする)と意識しすぎると、左手に力が入り、左手でかぶせてしまいがち。逆に右手1本で打つ、と思えば、面を作ろうとして肩が入るし引きつけられるかも。左手は、足りない力を補うために添える程度に思うこと。

サーブ:
Iコーチに以前言われた通り、ラケットダウンができきってない。
前は「トスが低くなると、ラケットダウンする暇がなくて、ラケットが上がったままで打ってる」と言われたので、トスは高くあげようとしてる。
でも、根本的に落ちてない。
もっと背中でラケットがだら~んとするようにしてから、インパクトに向かう。
得に、ラケットダウンした時の手首に注意。
手のひらが空を向かないように、手の甲は背中と並行に。ラケットが背中と並行に。

自分ではダウンしているつもりでも、全然だった。
言われた通りに大げさにしたら、アタリも面に乗っている感じが強くなったし、楽に打てた。う~ん。できているつもりってのが一番、ダメだなあ


レッスン後、師匠に特訓してもらう。
バックハンドボレーが一番苦手、ということで見てくれる。

「前でボールを打ちすぎ」
「もっと肩を入れる」
「インパクトはグリップエンドでボールを打つ感じ」

横を向いて、かな~~~り引きつけて構わなかった。思ったよりずっと深く。
引きつけると、今まで取れていたのがショートバウンドになることもあるから、それは自分で動いて調整しなくては
もっと引きつけて待つことにより、更に余裕も生まれるし、コントロールも利く。
フォアハンドボレーもやはり同じだと実感。フォアも前で打つとダメだ。
引きつけることがひつようだにゃ。
決めは別だけどさ。

なんかコツがつかめた気がするが、あくまでも「気」だけです
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ