チャンスボール&下がるスマッシュ
2009年09月29日 (火) | 編集 |
手袋無しでやってみた(インドアだし)。そしたら、親指と人差し指(斜め)でグリップとの間に余裕をあける、ってのがよくわかった。

アップ:ショートはともかく、ロングのルーチンは非常に確率が高かった。9割ははいってたんじゃ?体をしっかり使って。まわして~。

エンドラインより後ろから、クロス(前衛コーチ)へ球出しボールを返球し、打ちながら前へ詰めてデッドゾーンあたり(相手打つとき止まる)、これはハーフボレーかボレーでクロルへ返す。3つ目はコーチがチャンスボール(短い浮き球か、ロブ)出すから、クロスへ決める。
1球だから、ミスした時点で終わり。前へ出る時に注意。コーチは取らなくてはならないコースにしか返してないけど、結構厳しい。コーチの体&ラケットをみてある程度予測。
しかし、とにかくセンターもだけど、アレーは抜かれないように、そちらをケアしつつ上がる。

サービスライン上から:
コーチ球出し。下がってスマッシュとネット際のチャンスボールの決め。
どちらも、相手が「ロブ?」、「短くて浮く?」って思ったら、左足前にして斜めに構える。これで、走る体勢ができる。斜めに走る。前向いて走らない。

練習後、これでチャンスボールはショートアングル(サービスライン内)に打つってのをアングルのみカウントで10。結構きついかな。
デュースサイドとアドサイド。


試合形式:最初雁行で、後衛から球出し。これを相手が上がったら、自分はラリーは2回までにして、とっとと上がる。

私は上がりたいから、トップスピンで高く深く打って、ゆっくり上がって、相手が打つ前にスプリット。すると相手が、大きなボールを返してくるもんだから、やりたい放題。ストレートアタック(アレーへ)、クロスアングル、前衛フォア気味のセンターへ乗せたボレーを深く。スマッシュ。

やはり、相手が上がろうとして打ってくる(工夫してね)ボールを、素直にストロークしてたらあかんわ。特に、相手と同じように大きなボールを返してたんじゃ芸がない、というか相手の思うつぼ。上がってきてるんだから、タイミングを早くするとか、相手の足元にゆるく落とさないとねえ。。。
体勢崩した相手をもう一度狙う、更にもう一度。

脚を止めない。常に動く。チャンスボールは私の意識より3歩前で取る。
上がってきた相手には、ワイドに回転多めのボールを落とす、それはアングルに返ってくるから即座に前へ走ってケアする。
1本うっても2本、更にもう1本と、常に気を抜かない。返ってくる(このクラスじゃ返ってこない)。

相手が上がってくる時は、何故かセンターが空いたように思える。
センターへ打ってみる。

とにかく、打ったボールをみてちゃ始まらない。それは絶対だわ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ