2009年10月28日 (水) | 編集 |
ショートテニス:手首を固くしないで、柔らかに。力を抜いてラケットヘッドが落ちるように。バウンドに合わせずに、フォアかバックか分かった時点で準備終了。

テイクバックはしっかり引く。ボレーも同じ。ただし、ボレーは肘が体より前になるように。右手の脇は詰まらないようあける。ストロークはラケットが背中から見えないように、後ろへ。

このためには横を向く。つま先を横向けたら体も付いてくる。もしくはラケットエンドを打つ方向に向ける。

素早くボールの後に入る。ボールを横で取ろうとしないこと、手打ちになる。

引けてなくて、面を打球に向けたままヒットしない。こうすると、はじいてコントロールきかない。フライパンボレーになるよ。面を後ろに引いて呼び込み、手首固定でラケットエンドから打ちに行く。面から打ちに行かない。手首使ってるみたいだから、使わないように注意。ボールを点で捕らえないで線で捕らえて長く面に乗せる。

ストロークは横向いて引く感覚がわかってきたけど、ボレーはできているつもりなのにがしゃる。迎えに行ったり、待ててなかったり。つまりは、引けてない、横向けてない。

ストレートロブをバックハンドで相手2人の間に打つ。後は試合形式。待てると余裕が生まれる。

決めは思い切り前詰め。縦にラケット使う。人に打たない。居ないコースに打つ。

バックハンドボレーする人の面を見てると大まかなコースがわかるので、前衛が頑張るか、後衛に任せるかわかるから重ならないようにできる気がした。

サーブは昨日言われた、大きく引く、体重後ろを気にしましたが昨日ほど楽じゃなかった
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ