2010年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

差し込まれたら下がって頭は重心より後ろ 

2010.07/28 (Wed)
振替多すぎで7名。人多すぎるのに夏休みで隣コートはジュニアが使ってるので、1面(普段なら、2面使うのに)。
ショートテニスも隣が近くて危ない危ない。
しかも、手が痛いし。。。

どうも痛みのせいで、テイクバックが途中で終ってる、っていうか小さくなってるみたいだ。
グリップは手首に触れないように短く持っているから、飛距離も変わる。
バックハンドは痛く無いから、待って「ためて」うてるのに、フォアは痛いからか?打点前で打たないと痛い、という気持ちからか?どうもきゅうくつな感じ。

この窮屈な感じが、テイクバックが小さいせい。
小さいときは、テイクバックは半分になる。つまり、体のすぐ横にラケットがある。体の横よりちょい後ろまで持って行くというか、懐を深くしないとダメだ。
で、これまた痛みのせいで、肘が高く上がってない。
ええと、肘と腕と肩とは連動しているので、テイクバックが小さいせいで肘も上がりにくいらしい

自分の足元まで深くなったボールの処理:
まあ、ずっと同じことをやっとるわけですが、「軸足一本で打つつもりで。体重は後ろ、頭は軸より後ろで良い」
ただし、テイクバックや振り抜きは普通で。
これを面を開き気味にしたり、肘を上げすぎたりすると、ボールが浮いてしまう。

「普通に」打つ訳ですな。
で、ロブで相手を抜きたければ、思いっきり肘を上げる。高さは常に肘で調整。

ボレーは、痛いなりにも、打点前で体をボールの横に入れて打てば、それなりに打てる。
バックハンドはもちろんオッケー。

ストロークが。。。
短くなる。それかネットする。

なので、コーチが横で「テイクバック~~~」と叫ぶ。
それに合わせて、後ろへラケットを引いて懐を深くし、グリップはゆるゆるで打つ(というか握れないのだ)と
普通に深くストロークが打てる。テイクバックが重要

後は、球出しボレー、ボレー&ストローク、サービス&ラリーなんかしました。

サーブが一番痛い。
今は小指側の筋がめちゃくちゃ痛むので、サーブの時にラケットダウンすると小指に衝撃が。

「人差し指にラケットを預けなさい」とコーチ。
もう小指は使わないで、担ぎ上げるまでは中指薬指で、ラケットダウンのときは人差し指でラケットを持つ。
といいらしいが。。

まあ、マシですけど、力が入んないわ~~~
こんなサーブではポーチに出れないっすね。
せっかくストロークもサービスも強化したのに、この手の負傷ですべてがパア。

2ヶ月痛いから、痛みには慣れたけど、痛く無くなったら楽しいだろうなあ。。。
と夢見るのでありました

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:46 |  基礎レッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT