ラケットを立てる
2010年08月31日 (火) | 編集 |
練習内容忘れたな。。。3人。

球出しで、前に走ってローボレーになるボールをボレーでクロスに返して、そのまま前へ出てネット近くでボレー(クロス)下がってスマッシュ、前へ詰めてチャンスボール。

コーチ打つ前にスプリット。スプリットしたら足止めないでちょこちょこ動く。
ボレーを打ったら足止めないで、流れるように前へ動く。足をつける。

ストローカー1人(フォア後衛)
並行陣で2人、コーチが打ったボールをボレーでストローカーへ深く返す。エンドラインギリギリ狙う。

ストローカーはロブ禁止。相手コートに置かれたコーン(並行陣フォア側の人の右横、センター、バック側の人の左横後ろ<ストレート>)めがけて打つ。


「足元に落としてやろう」とスピード緩めて打つよりも、強打した方が効果がある。スピード緩いと、合わせられた時に好き放題される。

並行陣側は、ストロークを相手の前に落とす。特にクロス側はショートアングルに。
1球目はロブがないと分ってるんだから、思い切り詰める。ただし、相手が打つ前に止まらないとロブで抜かれる。

私のストロークをみてコーチが
「最初からラケットダウンしたままじゃ、相手のボールが強いと打ち負けるよ」
「ラケット立てたままテイクバックして、ラケットダウンするのは一瞬で!」

え~~~と思うけど、打ち負けるのは確かで、それで手も痛めそうな感じだから(普段の相手なら、そんなボールはあまりないけど)、素直に聞く。

準備が終ってない感じで、立ててる時に不安。振り遅れそうで不安。
まだ微調整が慣れなくて、変な感じ。

ただ、立てて~(多分)下げて~インパクトなんだけど、振り遅れそうな気がしても、ボールは当たって飛んでいくんだよね。しばらく、これを気をつけてみよう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ