ドロップ
2010年09月28日 (火) | 編集 |
1人、振替。

アップ

フォアクロス1列、アプローチをショートクロスに沈めて~~次は短くクロスが帰ってくるとして、サービスライン付近よりスライスでショートクロス~前へ詰めてストレートアレーへボレー(バックハンドも同じこと)


おなじく、アプローチをショートクロスに沈めたら、相手前衛のバックハンド側にロブ(体を横向けて)~チャンスボ-ルが来るからスマッシュをストレートへ。

これはイイや。こういう詰めをしたらええんいぇね。

並行陣対2バック:
2バック側から球出し。並行陣は相手が下がったままなら、短くドロップする。これをとるには、前へ詰めて準備する。やっと追いついて返されたボールは、相手が体勢不十分なままなら、再度相手の頭上を抜く。

自分のボールがよければ(沈んだ、とか)、2バックだったら前へ詰める。


サービスから初めての、2ポイント交代の試合形式:
チャンスボールを強打もいいけど、相手が下がったままなら、前に落とす。
そして、チャンスボールは相手前衛にぶちこめば決まる。

そうだ、
自分で作って決めるってパターンを聞いてみたら:

「自分の前(ストレート側)にボールを持ってくるしかないかな」ですと。
ストレートロブしかり。

テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ