2011年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ポーチの極意 

2011.04/26 (Tue)
サービスライン内に並ぶ:センターポーチ。

ポーチの極意。「ストレートは捨てる」それ以外に方法はないから。
ストレートを捨てる勇気がなければポーチには行けない。

アドサイドから、バックボレーをセンターに打つ~~フォアでポーチ(センター超えて飛びつく)。
体を思いっきりのばして、無理して取るよう心がける。

1球目のバックボレーが終ったら、センターラインをラケットでタッチ(この時腕は思いっきり伸ばす。センターラインに近づきすぎない。右足を伸ばして右手を伸ばしてやっと届く限界程度でタッチ。)~再度バックボレー~~~センター超えてポーチ飛びつく。左足てとってもいいくらい。

ポーチを限界まで体のびきって飛びつく。限界タッチ。余裕あってはだめ。

緩いボールなら待ってぶっ叩けるけど、それはポーチじゃない。
相手の速いボールに飛びついて、それをカットする。コースは飛びついた方向のアレーへ外へ逃げるように。
このためにはポーチ飛びつく時にラケット面を作ったままでいなくては。

限界まで伸びきってたら、一番力が入るし、弾かれない。余裕があって体に近いボールだと弾かれる。

バックハンドも同じく:
限界まで体と手を伸ばす。 
限界でポーチしたら、後はネットにもっと近づくことを意識。
伸びきった状態のところでポーチ出きるように。
両手でも、両手でセンターラインタッチする。両手をしっかりのばす。
限界まで伸ばして飛んで行ってカットするから意表をつくし、決まるのか。

まあ、ネットに近づいてポーチすることですね。。。


PS:センターラインまで伸びきってラケットでタッチする低い姿勢を維持することを永遠と繰り返したせいで、翌日からひどい筋肉痛(内股)に苦しめられたのでした。。。。


サーブについて:
トスアップは、手のひら上じゃなくて、コップを持つ状態で上げる。その方が自然に腕が上がるはず。手のひら上より腕が上がるから、トスが高くなるので調整すること。

打つ瞬間にジャンプしろ。
トスは自然と、ジャンプしないときよりも前にしないとアウトする。ジャンプしたら少しでも前へ移動するように。勢いがついて威力が増すはず。私は靴の横幅分くらいしか前へ飛ばないけど、それでも威力が増したらしい。

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  00:30 |  ダブルスレッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT