2011年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ドロップショット 

2011.12/21 (Wed)
ショートクロス:
バックハンドをOコーチに言われたように、右手の脇を開けないように締めて打ってると、やはり予想通り直される。
脇をもっと開けないと、窮屈になって振り抜きが悪くなる、と。
肘をもっと上げて、と。しかしまあ、ここではこうやろう。色々な打ち方を練習しよう。

ショートクロスを打った後にドロップショット:このドロップはネット際にぽとりと落ちるように。
ネットの手前で頂点を持ってくる。
ミエコーチに言われたようにボールに近づいて、顔をボールのそばによって行って打ってみる。

「柔らかいタッチ」が必要。

ボレーは小指薬指で握るけど、ドロップ打ちたければ親指人差し指中指で持たないとダメ。

ストロークを一度キャッチしてから打つ。
ボレーを一度キャッチしてから打つ。の練習。
バックは難しい。

形式練習:
最初は雁行同士。
コーチが後衛に球出しし、それをクロスへ普通に返す。
相手は返されたボールを短めに返す。
この短めのボールを、アプローチショットとしてドロップショット(ストロークで)を使う。
ドロップショットを打つことが相手は分かってるから、追いつかれて取られるけど、それでも取れなければ、スーパードロップショットだ。

しかし、ドロップショットを打つには、その1本前は深いボールで相手を追いだしておかないと意味が無いよね?

短めなボールを送っているのに、それをカバさんがポーチに来るから困った。
コーチに聞いたら、ポーチもありという。それじゃ厳しい練習だな。ま、実践的ではあるか?
カバさん、短めのボールをなんとしてもボレーで取ろうとするが、追いつけない。別にストロークでいいのに。

試合形式:
1ゲーム交代でゲーム形式。ペアは変える。
ドロップショットを使う。その前のボールを考える。
打たれたら。。。。追いついて、それをストレートロブとかセンターロブで返したいな。
ショートクロスへ返すのは常套すぎる気がする。

カバさん来てからレベルが下がった。つまんないレッスンになってきた。。。

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:27 |  基礎レッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT