2013年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

飛んでこないボール 

2013.07/30 (Tue)
エンドライン、センター寄りに2人。
コーチが後ろから弱いボールを球出し。
後ろからボールが来るわけで。。。

「弱いボールを自分からしっかり打ちに行く」練習:

ストローク:
飛んでこないんだから、ボールを自分で打ちに行く。歩きながら打つ。緩いボールじゃなく、強いボールを打つ。そのためにはどうすればいいか?普通に打てるけど、強いボールを打てるわけじゃない私。
よくわかんない。

ボレー:
後ろから高いボールで弱くて止まりそうな。クロスとストレートへ深くボレーを送るから、横向きになった顔の前あたりで捉える。短かったらフォロースルーを大きく。

飛んでこないボール。打点はきっとさまざまになるだろう。様々になってもいいから、そこで打ってしまったときの辻褄合わせができるように。
ボールが近いのに強くうとうとしても無理。
遠くで捉えたらどうする?前で取ってしまったなら、高いままなるべく長くフォロースルーするとか。
最終的に深くボールを遅れるように工夫する。

スマッシュ:
後ろからくるから。。。ワンバンさせてグラウンドスマッシュで。
これが飛んでこないボールのスマッシュ。
なかなかうつタイミングは来ないのだから、自分で打点に入る。足はずっと動かしておく。
ラケットセットは最後にして、打つまでは顔の前?でラケットを用意しておく。最初から担いで待っているとだんだん力が入ってしまうから、らしい。そうか、間に合うかな?と思ったけど、間に合った。

アプローチ:
ネット際コーチが球出しクロス。これをストロークでコーチに返す。
コーチのボレーが短くなったら、走ってアプローチショットをセンターへ打ち込む。
打ったら、コーチがスマッシュボールをあげるから、ストレートへ決める。

短くなったボールへの反応を早くする。速く走る。

形式練習:
エンドラインに二人。フォアサイド側が球出しをクロスの並行陣に。並行陣側は一球返して、後は自由。
アプローチセンターを練習する。
2バック側は前に詰めるタイミングを見計らう。
アプローチ打ったら、どんどん前へ。
ボレーで速いボールに対しては足を使う。足で運んで、当てるだけにならないように。

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  23:00 |  ダブルスレッスン  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT