フォアハンド
2015年01月29日 (木) | 編集 |
スピンとフラットドライブ:

テイクバックは同じで構えも同じ。
スピンは、ラケットヘッドが下がったままの状態で持ち上げていくし、ヘッドが下がった状態でヒットする。

フラットドライブは、ヒットするときにラケットヘッドをあげていってフラットな状態で当たる。

当たる時が違うのだ。

うーん、本当ははっきりと分かって打ってるわけじゃない。


スピンの時のテイクバックで、ラケット面をレディで傾けるときに、傾けたり右腕を前へだしたりすることに気を取られて、グリップの手首に力が入ってしまっていることをTさんに指摘される。
そういえば、以前コーチにもそう言われたな。
テイクバックでも力を抜いて、ラケットが自然と落ちる状態でそのまま振りあげていけば、もっとスピンがかかる。

そうしてみたら、軽くあたるし、確かにスピンはかかってる。何度も言われてあほか。

フラットドライブを打ったら、ボールは速く、バウンド後にはあまり弾まずに滑っていく。
スピンだと、大きく跳ねて(エンドライン狙ったら、フェンス直撃くらい)弾むはず。

ふむ。。。
もっと練習だね。

自分がスピンうってると思ってたけど、やっぱ、フラットドライブが多かったのね。。。速いときは、バウンド後のボールが低く滑っていくもんね。有効なんだけどね。

ボレー:

ハイボレーの時は厚くもって、強くヒットするときはグリップ緩めて握る。被せない。体も前へ傾けない。
ふかく繋ぐときは薄くもって。薄いとコントロールできる。