ハイボレーを当て返す
2015年03月18日 (水) | 編集 |
強風。
ボレー: 問題は足。ラケットの下に足?膝をもっていくことが大事。体はとじた状態で。
ハイは、ボールの下に足が入ってないとダメ。ラケットの延長に足があるように。バックの時はより左足を使うように。上体は起して、腰が前へ行くように。

ボールが落ちてきかけたところへラケット入れていく。落とし過ぎない。ラケットは下げない。

深いボレーを送るには(ネットすれすれで)、足でぐーっと運んでやる。ミドルは考えなくてもなんとかなる。ハイボレーは打ち返す、という考えをやめて「押し返す」イメージで送る。押し返すイメージなら、来たボールが短くてもそのボールの下へ動いて入っていけるはず。

前衛で、狙いに行って上を待つ練習。狙いに行く時に、開いて狙いに行くと下がれない。とじた状態で前へ入ったらそのまますぐ後ろへ下がる。

耐えて、耐えて、狙う:
耐えるのはバックで、狙うのはフォアで。途中のボールは速くてもいいけど、狙うのは狭いところ打つから強く打ったらアウトするので加減する。
耐えてる時に前へ詰めるとばれるので、前へ出ない。相手が上へ上げてきたら詰める。開かないで閉じて。
打った後そのまま待ってたり見てたりしない。動く。狙いに行くのは打ちに行くのではなく、体をそこまで持っていくこと。ラケットを下げない。

体を開いてしまうとラケットをたくさん動かしてしまう。閉じておけば、コンパクトに動けるし球の後ろにすぐ入れる。

ゲーム形式:
ファーストサーブを絶対に入れる。
ワイドにばかりボールが行ってると、ペアの出る幕がない。

ストレートへ送ったら、どこへ打たれても良いように前へ入らないと。前へ行けない、取れないのは前に体重が乗ってないか、判断ミス。1歩で止まらない。動く。最初からどうするか決めておく。急に決めたら雑になってミスする。

体勢を戻すには、下半身(足、腰)を先に戻す。上を戻すと力がはいる。下を戻して入ればそこへ上体がはまる。

相手が沈めてきたボールを、ひょいと上へあげる。沈めたから狙いに来ているはずだから抜く。