一年ぶり
2017年04月04日 (火) | 編集 |
このレッスンも1年になる。そしたら、最初に直されたことを注意された。おお、一年ぶりで忘れてたわ。

ストローク
ラケット下、と左手下、はずっと言われてる。
じゃなくて、
フォワードスイングを、サイドスピン気味に横振りしろと言われてたなあ。。。そして、フィニッシュでラケットが裏返るので(某コーチのストロークだ)、親指を左腕に付けろと言われた。懐かしい。
肘あげてラケットあげてのスイングだと、手首を必要以上に使うらしい。
なので、このスイング。親指左の二の腕につける。
今は必死で振ってるけど、ゆっくり振っても、このスイングにできるように。。。意識しよう。

アプローチからファーストボレー
アプローチとファーストボレーをコース狙う。
アプローチは。。。センターかな。
良いアプローチを打てば、チャンスボールが上がってくる。
ファーストボレーは。。。浮かないように、サービスラインのセンター付近と隅っこと、二点(もしくはその間)狙う。。
そこへ短くボレーすると相手からは大変なボールは帰ってこない。センターなら長くてもいいねバックになるから。

ボレーを短く打つには??
インパクトまでは同じで、フォロースルーをコンパクトにすること。長くすると、球足も長くなる。深くボレーするよりも気持ちコンパクトに。
そして、ラケット面に顔を近づける。
ということは、ラケットを構えたら、そのままボールへ自分が近づいていけばいいんだ。
コースは最初に決めて頭に入ってるんだから、構えた後は、ボールをしっかり見て、近づいていって、コンパクト。
一瞬でもコースを見ると、浮いたり、間に合わなったりミスに繋がる。

また、アプローチ打って、前へ出ていくけど、相手が打つ前に止まってスプリットを軽く入れ、また前へ(ボールへ近づく)行く。
スプリットを入れることで、ロブにも対応できる。どどどと走ってしまうと、ロブ間に合わない。

顔を近づけ、ボールに近づき、コンパクトにできるだけボールを落とさずにボレーする、そして打ちたいコースに前足を踏み込む、ラケットを送る。

ハイボレーは面を上!!もっと上。自分が考えてるより上。そしてスイングスピード上げる。

スマッシュは、打つまで我慢して横向く。最後の最後まで打点に入ろうとフットワーク。決めたら、右足決めて、ボールを打つまで見る、打ちながら踏み込む。打ちたいコースに少し斜めに左足決める。打つ前に、前向いたらミス。