つなぐボレー
2006年11月15日 (水) | 編集 |
061107_2223~01.jpg11月も半ばですが、今日は動くとかなり汗をかきました。

本日は、基本に戻ってストロークをみっちりやりました。ショートテニスを1時間以上!めちゃ疲れました。かなりよくなっていると言われましたが、「力を入れているきがします」と尋ねると、「引いてないからです」だと。いないないば~で引く、をやってから、いないないば~で終わってました、確かに。そこから更にもっと後方へラケットを引かねばなりません。肘が伸びない程度に、しかもラケットは背面にまわらないように。テイクバックをもっと後方にまで引いていないため、きゅうくつな感じで打つことになり、手で打つ感じがして力が入るそうです。にゃるほど。確かに、もっと後方へ引いて、打つと回転がかかります。また、フォロースルーは壁を塗る感じで(手首は固定、こねくらない)頭上まで来たら脱力する。いわゆるワイパースイングですね。

次に、派手なのではなく、つなぐロブを練習。この場合、テイクバックからフォロースルー(押し出す感じ)までつけ、フィニッシュでラケットは上を向く感じです。また、肘から前へ押し出していく感じで、ラケットは遅らせて出します。チャンスボールでこそ、コントロールよくこのボレーでコースをつきます。でも、よく分かんなかったわ。「そうそう、それでいいんです」のと、そうじゃないのとの差が今イチつかめなかった。劣等生だわ。

今週は木曜日テニスがないので、つまんないです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック