バックハンド、アングルボレー
2006年12月06日 (水) | 編集 |
061004_0904~01.jpg久しぶりにコーチが帰ってきました。久しぶりのせいか、明日試合があるせいか(私以外の人)、講義がすごく多くて、いつものように疲れなかったレッスンでした。

参加者が少なかったので、ショートテニスは二度もコーチとできてラッキー♪バックハンドのアドバイスを受けました。テイクバックしたときに、ラケットと右手が1本の棒にならないように。ラケットを引き、脱力してラケットヘッドを下げるのはそのままですが、手首の角度(120度?)を維持することが大切です。角度を付けることで、更にテイクバックが深くなるのです。振り出しは、先週言われたように、下から上へあげつつ(ストレートと逆クロスの場合)外へ振り出す感じで(インサイドアウト)。そして肘を頭の上にあげたらそのまま脱力してラケットをかつぐ、って感じかな?
言うまでもないですが、テイクバックをフォアもバックも早くしなければ、意味がありません!
また、今日はフォアの時に、打ち方はオッケーですが、打った後は相手コートでバウンドする時には既にレディポジションになってなければならない、と注意されました。これをしないと、打ったボールに見とれるコトになっちゃうんだね。見とれてないで、すぐ構える!

アングルボレー。チャンスボールがストレートに上がってきたら、アングルを狙います。相手後衛側のネット際アレーを狙います。アングルボレーの場合は、ラケットを初めから打つ方向に向けておいて、そのまま打つ方向へ押し出してやるイメージ。そのとき、打つ方向は決して見ません。見ると面がぶれる原因になります。決して大きめのテイクバックをしたり、振ったりはしないこと!バックも同じです。しかし、アングルボレーはもっと練習して慣れないと、ミスしそうだわ。でも、確実に決められたらこりゃあ武器になるわさ。
今日はとっても不愉快でした。こんな目にあってまでココのレッスンを続ける価値があるか?悩みます。でも私は悪いことしてないのに(絶対に!)、逃げるの嫌だしな~。「14歳の母」を見ながら、泣けてきちゃったらすっきりしました!えいえいお~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック