念願のスマッシュ練習
2007年02月21日 (水) | 編集 |
ハードな日差し。日焼け対策を開始しなくては。
いつも通り、ショートテニスから。
コーチからは毎度おなじみ「自然に回転がかかるようになっている」とのお言葉。
今日の注意は時々、テイクバックが小さくなり、フォロースルーが左肩前くらいで止まってしまう時があること。もっとテイクバックを常に大きくとり、完全に振り切れば、しんどくない。そのためには、早く準備しなくてはね。テイクバック大きくとっているつもりでも、そのようになっていない。確かに、「何故か疲れるなあ、力は抜けているはずなのに」と思いながらショートテニスしてたので、すごく腑に落ちた。コーチ最高。
それ以降は、「大きく、大きく、振り切る!」とつぶやきながらストローク。なるほど、腕がしんどくないよ~♪やってるつもりでも、腕がしんどいなら、どこかが違っているんだね。

今日のテーマは「スマッシュ」。待ってました!100%失敗する私のスマッシュ♪
大事なこと:
1.とにかく早く構える。
体は横向き(足も)。ラケットのセットは、左手でスロート持った状態から“三角構え(バトミントン)”。つまり、おでこの上くらいにラケットを持ち上げて、頭の上を通って背中へラケットを担いで、脱力しラケットダウン(ぶら~ん)。肩をしっかり入れて、少し相手に背中を見せるくらい。
また、左手は「ボールをつかむ」のではなくて、からだが横向き状態なんだから、そのまま自然に右ななめ前に軽く曲げて上げる。打ち込みの際に、ラケットは、この上げた腕の間(つまり、左肩~指先までの空間)を通ります。

2.足はクロスステップで、早くボールの後ろに回り込みます。
担いだラケットをサーブと同様に肘から前へ振り出すのですが、インパクト時に、腕は伸ばしきらない。当たりは(今日は)フラット。打点は頭より少し前。インパクト後は自然に脱力し、肘からラケットまでがぶら~んという感じ。

今日のところは、思いっきり振り抜くのではなく、このフラットでのインパクト時にラケットを瞬時止め、ボールを当てた(ホントそんな感じ)後に、わざとらしいくらいに脱力して、肘から先を地面むけて折ります。これを、ロブを上げる人がワンバウンドでキャッチできる程度に軽く打ちます。

1番目にコーチとでしたが、今までのスマッシュ練習とはあまりに違うので、当てた後に脱力を忘れてしまいます。そこで、忘れたらその時に無理矢理脱力して肘を折っていたら、だんだんとわかってきました。「インパクト時にラケットを止める」。これをするとアタリの瞬間を実感できます。自分でアタリをコントロールしている感覚です。その後の脱力により、打球はソフトになります。どこにロブが飛んできても、「当てる」ことが簡単にできるようになりました。
この「止め」~「脱力」をスムーズに行うことにより、スピードが調整できます。
叩き込みたいのなら、この練習でサービスラインまでに打球をバウンドさせるように注意します。

スマッシュの打ち分けは、引っ張っていく方法で変えるのではなく、フォームは今日教わったのと同じままで、打点によって打ち分けるそうです。打点右(逆クロス)、打点前(ストレート)、打点左(クロス)。ずっと楽ですね!

4球球出しで、ストローク、アプローチ、ボレー、スマッシュ(全部コースを変える)の練習をしましたが、スマッシュは一度もミスしませんでした。すごい!

最後にサービス対リターン練習の後、ゲーム(4ゲーム、タイブレークあり)。
私はいつも通りミックスでKさんとペアでした。相手は同レベル。
なのに、タイブレークの末、負けちゃいました。タイブレークは(6-8)。私がウイナーをミスしたり(決めようとするとミスする)、太陽がまぶしくてミスしたり、相手の良い決め球が来て、返せなかったりで。。。
絶対勝てた試合でした。このミス体質なんとかしたい。くやしいなあ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック