ライジングショット
2006年06月28日 (水) | 編集 |
060627_1613~01.jpg
ウインブルドンが始まりましたね。杉山はみごと2-0で緒戦突破。途中フォアがネットしまくる場面もありましたが、華麗なテニスです。ヒンギスも難なく突破。すんごい技術ですね~。バックハンドボレーの練習を見ていると、体の側面でヒットしてるんですね。ぎりぎりまで引きつけて、スライスでボレー!素敵です~。
コーチによると、杉山は攻撃的なテニスに変えたそうで、ストロークの後必ずベースライン中央に戻っています。深いショットに対しては厳しくなりますが、短くなったときにアグレッシブになれるそうです。ふむふむ。

今日は「伊達公子」になる練習でした。そう、ライジングショットです。
勝負に来ているファーストサービスではともかく(それもあり)、入れにきているセカンドサービスを「タ、ターン」のリズムでバウンドし初めをぶったたく。
来るボールのコースを見極め、返すコースを決めたらボールに視線を置いたまま、腰をしっかりと落として(左手も下げる)「タ、ターン」のリズムで打ちます。このとき、テイクバックは控えめにしないと、振り遅れてしまいます。
この“腰を落とす”という所がミソで、ボールのバウンドよりも腰が高くなるとすぐにネットしてしまうので注意が必要です。

ライジングは他のスクールでも練習しましたが、リズムは説明されたものの腰を落とすまでは知りませんでした。なるほど~。でも、とっても難しいです。
後、ショートテニスの際に、テイクバックがかなり早く改善されてきたものの、だんだんと力みが入ってきて(握りしめてしまう)、そのままフォロースルーまで力が入ったままである点を注意されました。力が入るとコントロールが悪くなります。脱力脱力、インパクトの時のみ力を入れて、また脱力したまま振り抜く。振り抜いた時が一番脱力すること!
今日はサービスが全く駄目で、メンタルがモロにでてしまいました。でも、負けないで頑張るぞ!
コメント
この記事へのコメント
エースをねらえ!
ライジングショットは岡ひろみもやってたはず!すごいのやってるんだな~
2006/07/02(Sun) 21:25 | URL  | たり #-[ 編集]
むずい
そんなにスゴくはないけど、タイミングが命なので合わない時の方が多いです。合わないとネットしちゃうのよ~。頑張りますわ。
2006/07/03(Mon) 20:36 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック