つなぐボレー
2007年10月24日 (水) | 編集 |
腰が痛いぞ。昨夜、行かなきゃ良いのに、ナイターテニスして、パワーヒッターとやったせいか、返ってからかなりの痛みが。テニスしてるとマシなんだけど。

ショートテニス
今日のアドバイスは、レディでは常に左手(私は右利き)でラケットを持つこと。
左手で持つことにより、テイクバックで必ず回せるようになり、安定する、と。まだ、時々水平にテイクバックすることがあるらしい。ほんまでっか~?バックハンドは早くテイクバックすれば、問題なし(と自分で思う)。

つなぐボレー
以前、ハイボレーのときにラケットを「お盆を高く持つみたいにかつぐ」と習いました。つまり、「厚い」グリップ。ハイボレーからミドルボレー、ローボレーとラケット面角度は変わらず、グリップがどんどん薄くなる。このグリップ感覚は、自分で身に付けること(家でテレビ見てるときとか)。

つなぐボレーもハイボレーと同じく(高い位置で打つからハイボレーじゃ)、お盆みたいに肘を前に出してラケットを担ぐ。ボールを打つときはそのままの状態で肘を前へ出す感じ?ボールを長くラケットに乗せるってのがポイント。でもって、決して握らないこと脱力したままのほうが、ボールコントロールも良く、長いボールが打てる。

バックハンドは同じようにラケット寝かしますが、ラケットを体の後ろまで回す。背中見せる。とっても違和感あり。かなり後ろまで回したなあ~。あくまでも「つなぐ」ボレー、ね。
で、そのまま肘から前へ~~、ボールを長く乗せて、打点とかは特に意識しないでよし。
脱力した方が、これまたボールは長くとんでいく。

二人ペアになって、このボレーの練習。
確かに長くボールが乗ってる感じがする。しかし、ミドルボレーになっても厚い握りのままで打ってしまう。ちゃんとグリップチェンジしましょうね。バックボレーがまためちゃくちゃに。この、ラケットを体の後ろまで回す、というフォームをすると、なぜか上手く行かない。上手く当たると良いボールが返るのですが、なかなか慣れない。

サービスからリターン、その後ラリー。
前へ詰められたら、どんどん前へ出て攻める。前へ出て、相手に追い込まれたら、ステップバックで体を後ろに流して、ハーフボレー。これはストロークと同じ。
ストロークのときは、早く引くこと、大きく引くこと。これを意識するかしないかで、違ってくる。なかなか、よかったよん、私。

やってると右側はまったく気にならないけど、バックで左足を軸足で踏ん張ると、痛みがある。
残らず、早めに帰りました。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ラケットを寝かす
クセになると、つなぐボレーしか打てなくなる(汗

つなぐボレーでも、ラケットヘッドが先に出るように
意識することが大事なんかなぁ?
なんにしても、つなぐボレーは深さが大事ですね。
2007/10/25(Thu) 00:47 | URL  | 徹 #wBNUmdRg[ 編集]
だめです
ラケットヘッドが先に出てはだめです。
それは「打ち込み」。ネットする確率が高いそうです。
うちのコーチは、ラケット寝かせ気味のそのままでボールを乗せて前へ運びます。

脱力すると、なが~く飛ぶらしいです。握った瞬間にスイングスピードは止まるらしく、脱力コーチです。
2007/10/25(Thu) 00:59 | URL  | caloline #-[ 編集]
全然関係ないですが
黒猫 maukie
これ、かわいいー!!
今頃、気づきました。
2007/10/26(Fri) 23:38 | URL  | nonchi #-[ 編集]
かわいいでしょ
にゃ~と鳴くし、ゴロゴロいいますよ。じゃれるし。

実は、うちにいるネコの黒によくにてるんです。
黒は白い所がまったくないんですがね。
2007/10/27(Sat) 01:21 | URL  | caloline #-[ 編集]
私も最近は脱力が課題なり。

ゲームでミスしたとき、「あぁ力入ってるな」って実感するから、、、
上手な人って、やっぱり力抜けてるから

練習あるのみ・・・

この時期腰痛める人多いから気をつけてね。
2007/10/27(Sat) 11:32 | URL  | かこ #-[ 編集]
脱力
そうですよね。
かこさんもよく「脱力」ってブログで書いてますよね。
本当に、脱力は一番大事だけど、一番もしかしたら難しいかもしれない。。。

「なで肩で行こう!」これをいつもできたらいいですね。
かこさんも膝と腰気をつけてくださいね。
2007/10/27(Sat) 13:01 | URL  | caloline #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック