コースを狙おう
2008年02月27日 (水) | 編集 |
変な天気。予報では午前は雨。しかし晴れてた。でも、途中から天気雨が降ったり止んだり。
レッスンは続行。

ショートテニスは特に問題なし。最初は左手で持って、左手でラケット引いて肩入れて、右手に預けてラケットダウン~。これを速く早く。バックは左手フォア~。できてたようで、何もチェックはいらず。

先週、試合とレッスンをわけて考えずに、という話がありまして、今日も同じく。
でもって、アウトボールを練習でも絶対に触らない。触ったらペナルティ。
自分の決めボールと苦手なボールやコースを認識しておくこと。
決めボールは自信を持って攻めるため。苦手は、相手が絶対にそれを狙ってくるから。同時に相手の苦手を読むことも重要。私の苦手は「全て!」に近いですが、多分ショートクロスかなあ。
基本はいつも言われるように、「センターに集めてワイド」と「相手を追い出してダウンザラインかセンター抜き」。これを念頭におく。
追い出すために、まずはショートクロスの練習。狙いはサービスボックスからネットまでの真ん中あたり。

エンドライン中央に二人。向こうフォア側ネット際でコーチが球出し、バック側に一人で並行陣。
まず、コーチはフォアへ球出しでフォアサイドはストレート狙いで反面でのラリー。ダウンザライン、ストレートロブ。試合のつもりで決めるように。お互いに、追い出して逆、おびき寄せてロブをしっかりやる。次は、コーチがバックサイドに球出し。これをバック側の人がショートクロスへ。やはり反面クロスのラリー。同じく相手を振る、逆をつく、頭を越す。先を読んで、どう決めたいか。

フォア側の時は、いかにタメを作るかを意識。そのためにはテイクバックを速く、肩を入れる。ロブを読まれないように。バック側の時は、テイクバック~フォロースルーが小さくならないように、打点を少し前にするように意識。迎えにいくと浮くよ。ボレーは。。。私としてはなかなかうまくいった方だ。皆さんボールが強いから、「待つ、脱力、運ぶ」これできないと吹っ飛ぶ~。

試合形式で4人。雁行陣からアプローチで上がって平行陣。向こうフォア後衛へコーチが球出し、バック側に前衛。コーチの球出しをまずクロスに打って、前へ詰める。このクロスはショートアレー、深いボール、センターへ中ロブ、なんでもよろしい。前衛に捕まらないように、クロスの次は何をしたいか考えて打つこと。クロスへ打たれた方も、相手を動かして居ない所へ打てるように組み立てる。自分が打たれたらイヤなところ。

Hさん(B様)のクロス、短いのとロングとわからない~~。少しだけ違う気もするんだけど、ショート警戒すると深く打たれるし、後ろステイしていると短く来る。コーチか、君は!
それでも頑張って、とりまくりました。オープンコートを作ると快感ですねえ。。。

サービス&レシーブ練習。
これも同じく、相手を振り回して決める。リターン、ショートに打ったり、ロングに打ったり。
先週同様、予測予測。どう打ったら、何が来るか。相手に打たせれば、予測が楽。
と言われるけど、実際走り回ってると余裕もなく。それでも、時々わかるときがある。
ペアで分かると、連携が素早くできて気持ちいいね。
がんばろ~。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
私のブログに来てくださってありがとうございます。もしかして先日お会いした方ですか?
私、高校の時かなり、根性入れてテニスしていました。でも全く才能ナシ!
ねこも大好きです!
クロちゃんとっても可愛いです!
よろしくお願いします!
2008/02/28(Thu) 21:21 | URL  | よしえ #-[ 編集]
よしえさん♪
こんにちは、はじめまして。
実は、ぺこちゃん繋がりで、リンクたどりましたら、とても素敵なブログでワクワクしながら拝見しました(先日は行ってないです)。プロの料理家さまなのですね。また遊びに行かせてください。
(円山、私もお茶しにいきました。素敵ですよね)
2008/02/28(Thu) 22:34 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック