火曜レッスン:ボレー強化月間
2008年03月04日 (火) | 編集 |
ちょっと腹が減るなり11時PM。。。。

10時15分前にコートに着いたのに、ネットセットしても誰も来ない。
コーチが来たのが10分、他の人が来たのが15分。マジで隣のコートでやってる友達たちのレッスンに入れてもらおうかと思ったよん。結局3名参加。ぶーぶー文句いう私。
「出がけに電話が~」と全員同じことを言って、からかわれました

ショートテニス、球出し:エンドライン3人並んでストローク(フォアとバック)、サイドから走ってセンター、逆サイド。今日は走るストロークでは追い込まれたことを想定して、クロスに深くロブをあげることにしました(自分で)。

アプローチ~ローボレーをクロス、続けてハイボレー~スマッシュをストレートの連続。
スマッシュを親指で打つ、小指で打つを久々に意識。
フォアサイドとバックサイド。

今日は「ドロップショットでのショートアレー」がテーマ。
サービスラインに並んで、自分で球出しして、ネット際に置かれたコーンに当てる。
まず、グリップはコンチ。ラケットセットでは立てる。セットしたラケットをそのままボールに向けておろしてきて、インパクト後にボールの下側をこすりながら運ぶ。インパクト前からこすろうとするとボールは飛んでいかない。手首はこねずに固定。肩と体の回転で打つべし。フィニッシュでラケット面が水平に上向いてるように。短いボールを打つには、ゆっくりと振る。速く振ると距離が出る。バックも同じだが、フィニッシュでフレームが前向いてるように。

打ったボールにアンダースピンがしっかりかかっているか見る。

コーチの軽い球出しを同じように打つ。自分でボール投げるより、足を使うから打ちやすい。
膝を柔らかく使う。

サービスラインに一列。まずは、ローボレーした後に高いボールをクロスネット際にドロップ。
しっかりアンダースピンかける。スピンかかると逆方向に跳ねる。面が上向いてフニッシュするよう頑張る。フォアは結構できる。
バックサイドはただでさえバックボレー苦手なのに~。で、片手でしてみたら感覚がよくわかる。フォアと同じだ。そこで、両手でもやってみる。意外とできる。最初から面を作って、ラケットを高く立てるのがミソなような気がする。いかに力を抜くか。。。アウトしやすいねえ。

クロスでボレスト。
ボレヤーは、高いボールが来たらドロップのショートクロス打つ。いやはや、ストロークの方が難しいね。コーチとしたボレストは、ボレーが上手にできた!ラケット振らず、押し出す、運ぶ。ショートクロス打つ時は、もう一歩前へ詰めたほうが打ちやすい。高いところで打つようにして、待たないこと。
とにかく今の自分の目標は「肘~ラケットエンド~ラケット」の順で打つこと。

振らないようにするにはどうすればいいか?聞いた。
後ろへ引かないことです、とコーチ。常に体の前にラケットをセットしてコンパクトに打つこと。
ここが水曜コーチとの違い。
体の前でフォアとしてラケットセット。コーチが背中をぽんと押して、私は前へ動き、左足が少し出る。
極端な話、これがボレーの打ち方です
コンパクトざます

一歩でのボレーとは?と聞く(てにまま日記にありました)
フォアボレーなら右足でボールの後ろに入り、インパクトで左足が出るわけですが、この最初の右足で打つのです、と。なるほどなるほど。

サービス練習。
ドロップショットの要領でサービスを打って、ショートアレー気味にボールを引っ張るのも面白いよ、とコーチ。
ラケットを地面と垂直にしてボールをこすって地面に叩き付ける。このボールがラケット方向へバウンドするように。ボールの右側をスパッと切る感じ。これで、サービスしてみる。
スライスざます。
トスを思いっきり前にしてみるとサービスの威力が増す。今日は肩が痛くないから、色々できる。

試合形式。
今度出るペアさんと組む。でも、しっくりこない。彼女とは仲良しだけど、ペアでのテニスが噛み合ない感じ。試合で、今日のドロップアレーが打てるかな?とのコーチの期待に答えて、果敢にトライするが玉砕。
「まだできません」「気持ちは十分伝わりました」とコーチ。
使いこなせるよう、ミスしながらやってみるね♪
遅刻した分、多めにレッスンしてくれました。コーチ大好き♪
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック