火曜レッスン:ショートアングル
2008年04月08日 (火) | 編集 |
昨日、インドアでサークル練習したのが、実に1週間ぶりのテニス
お仕事関係(&観光1日)で、北海道まで行ってました。テニスできなくて寂しかった

久々の火曜レッスン。参加者は3名。
ショートテニスはコーチと。また、へんてこな横回転かけてくるけど、平気さ~♪

エンドライン3人並んで、フォアとバックのストローク。
サービスラインに3人並んで、チャンスボールの打ち込み。フォアとバック。
ボレーボレー60回。

サービスライン後ろから、短く来たボールをショートアングル(ネット近くのアレイ)にストロークで打つ。
雁行で2人、コーチと生徒(前衛に立つ)で、コーチ球出しから。長いボールはセンターへ返し、短くなったボールをショートアングルに打つ。コーチ側前衛はこれをストレートにボレーする。

アングルショットは浮かせないこと。
打点が遅れると、アングルには打てなくなるので、打点は前で(左足あたりだったよね)!!
ラケットをしっかりボールの下側に入れて強く回転をかける。そのためには脱力。
力を入れるとラケットがダウンしなくなるので、ネットする原因になる。
脱力した状態から、スイングスピードは速く!速く!!
「普通に振っても回転はかかるでしょ?」という私に、速く振った方がより回転がかかる、とコーチ。
速くスイングするの苦手なんだよねえ。。。頑張るわ
体の回転をちゃんとして、ムチのように腕を使えばいいんだよね。回転に回転。。。
自分がクルクル回るのなら得意ですが

相手をセンターに寄せた後に、このアングルショットを使い、それで決めようとは思わないで、帰ってきたボールをセンターなどに打って決める。アングルショット打たれた方は、アングル返しなどせずに、ストレートにボレーすること。

サービス:スライスサーブを意識する。って、私それしか打てません。

試合形式:私はDさんとペア。相手側がコーチと生徒。
3ゲーム。1-2で負けました。サービスはキープできました
桜舞い散る中のレッスンは風流でしたが、チト風が強すぎましたね。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック