アレーアレーアレー
2008年05月16日 (金) | 編集 |
またまた振替でお姉様方のクラス。参加者6名。

ショートテニス、ボレーボレー
フォアサイドとバックサイド1人ずつ。それぞれの位置で、フォアとバックストロークをクロスへ深く6本~アプローチ1本。

今日のテーマは「チャンスボールをボレーでアレイへ」らしい。
サイドにチャンスボールが上がったら、一番打ちやすいのはストレート。次がネット低いという理由でショートクロスアレイ。しっかりアレイに運ぶことが大切。ただのクロスじゃ拾われる。

コーチ球出し。
サービスライン少し前から開始。1本目はボレーをクロスへ深く。足で運ぶ。
これを打ったら最初の位置に戻ってから、チャンスボールをアレーへ運ぶ。
  ・ファアサイドはフォアボレーを順クロスへ(サービスラインとネットの中間あたり)。
  ・バックサイドはフォアボレーで逆クロスへ(同じく)。
最後はスマッシュを同じ要領で。

私は逆クロスへチャンスボールを叩き込むのがどうもね。。。わからん。

練習後、この組み合わせで15球狙った場所に入るまで続ける。ネットするわ、出すわ。嫌になる。

並行陣対雁行陣。コーチは雁行前衛で対戦。
並行陣のバックサイドからストレート(後衛)へ球出しで開始。
双方ともに予測をしっかりやる。体勢からアタリつけたら即そこへ走って封じる。
並行陣側は、打てそうなボールは今日のテーマのショートアレイに叩き込む。
雁行陣側は同じコースへは打ってはいけないルール。そして、ロブを混ぜる。

エンドラインでボールを追いかけるときは、ラケット構えず、まず走ります。
でも、ボレーするときは構えたままで走ります。だって、Iコーチの教え。。。は、短いボールを前へ追いかけるときか!!
Oコーチ「ラケット掲げたまま走らんと、とりあえずそこまで先走ろか~。追いついてからラケット構えたらええんちゃうん。持ったまま走るから、遅れるねん」

雁行後衛の時も、沈んだボールを打っても見てる(前へ詰める)。予測は合ってるのに、動かないでそこにいる。ついつい形式練習だと試合形式の気持ちになれないのは何故?

なんだかね。今日は一歩も二歩も後ろでした。前へ出た方が打ちやすいのに、止まってしまった。
スマッシュもここんとこネットばかり。練習せねば。
最後の2ポイント先取のチャンピオンゲーム。またもや、毎回交代のバランスの良い結果に。

コーチに質問「並行陣なのに二人が同じ位置で並んでいいのか?相手にボールがある方が前じゃないのか」と。
基本はボールに対峙してる方が前に詰めると言うが、これはその方が教えやすいから。
プロは前後してないで並んでいる。ダブルス勝ちたいなら、前後しない方がいい。ただ、体の向きはしっかりとボールのある方に向けること。そうすれば、自然とボール側の人が前のボールを取ることになる、らしい。ふう~ん。

もひとつ。試合で、前衛の時に相手後衛のストレートケアで相手の前に立っているのに、ストレート抜かれる(ポール回しに近い)。何故?
コーチは「前に立ったから(自分が)安心してしまうからやろ」と。立っただけで安心して、反応してないってこと。「真ん前に立たんと、逆にちょっと空けてやれば、反応できるかもよ」と。
そんなもんでしょうか?Oコーチだからできるんじゃないでしょうか。やってみるわ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
>プロは前後してないで並んでいる

実際、前後していなくても「上手く」ボールが回せてるときには何もいわれない(笑)
それが相手に決められたりすると、その理由を「並んでいた」から・・・
なんていわれるのよね(笑)

沈めたら前へ!浮いたら詰める!
と臨機応変でいいのかも?

なんかちょっと嬉しい言葉でした^^
2008/05/17(Sat) 22:54 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
てにままも?
並ばないのですか?
ずっと並んじゃあ、センター抜かれるから、と教わってました。でも、並んでなくても抜かれる時は抜かれるしね。

>沈めたら前へ!浮いたら詰める!
これが一番、重要な気がします。
2008/05/18(Sun) 01:03 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック