ロブをスマッシュ
2008年05月27日 (火) | 編集 |
レギュラー2名、振替1名で3名。コーチ入れて4名。

ショートテニスをクロスで。ボレーの感覚でスライスでショートテニスをする。フォアもバックも打つように。しっかり短く入れて行くように。

ボレーボレーで対戦。相手の居ないところ、角度、コース考えて決める。ロブボレーもあり。
前足(?)を滑らさずに(後ろ足はオッケー)、細かいフットワークで打点に入ろう。横着して手で打たないこと。足で運ぶ。体を開かないように横向いて。
ボレーは楽しい♪
しかしバックボレーはいまだに課題。。。

並行陣で並ぶ。球出しボール3球をアレイに決める。すべて、サービスボックス中央~サイドラインまでのエリアに入れる。今日は、相手雁行陣の時に、ストローカー側の前方アレイに決めるのがテーマ。
フォア側:フォアサイドのボールはストレートに短くボレー。スライスで軽く落とす。バックサイドに来たボールはバックボレーでアレーへ鋭角に打ち込む。最後にスマッシュをストレート。

バック側:その逆。フォアボレーをアレーへ打ち込み、バックボレーはスライスで軽く落とす。スマッシュもストレートのアレイ。外へ逃げるように、ですね。

スライスで軽く落とすってのが、どうも。難しい。どうしても長くなるよ。グリップを緩くして脱力して、と。緩くしすぎるとネットのこちらに落ちるし。。。あかんや~ん。

並行陣でボレー戦になったら、“ボールがある方が詰めて、クロスはロブケアで下がる”なんて考えてる暇ないから、もう並んでていい。ロブで抜かれたら、アジの開きで下がらずに横向きになれればええんやけど~~~、という話から、ロブを上げられた時のスマッシュ練習

まずは自分で練習。右足からクロスステップで右、左、右でタメてから自分でボールを後ろ方向へ上げ、ジャンプしてスマッシュして左足で着地。
右足で踏み切って、左足で着地しながら、後ろへ下がって行く感じ。

球出しをスマッシュ。ネット際1メートル付近から、高く上がったボールを追いかけて、右足で踏ん張り、スマッシュ、左足で着地。このとき、ラケット担ぐときに左手を高く上げ、ボールを指差す。この人差し指とボールが重なった時にスイングする。
最初はぎこちなくても、段々みんな様になってくる。
サービスライン付近からロブを後方に追いかけても、右足踏切りで打てば、何故かコートに収まるんだそうだ。ただし、体は前へ行かないこと。後ろへ下がっていくこと。

これと同じフォームでグランドスマッシュを打つ。
基本は全く同じ。高くバウンドしたボールに回り込んで、右足踏み切りでスマッシュ~左足着地でおっとっとで後ろへ下がる。どこから打とうと、コートに入る!!!
「かなりコレは難しいスマッシュやで~。でも、みんなできてきたなあ~!」

最後、試合形式。
右足踏み切りのロブスマッシュと、ストローカー側の前方アレー狙いを気にして、練習しよう。
アレー打つ時にコース見ちゃって、どうしても体が開いてしまう。きっちり左肩入れたままにして、クローズで打ちましょう。。。例のロブスマッシュは2度する機会があり、ともにインでしたが、これを打つと何かが自分の中で終わってしまう。。。続いてますよ~~!

PS:今日の注意。
あんまり相手のボールの軌道上に自分がおったらアカン。少しずらす。ずらした方が、バックボレーなりフォアボレーなりやりやすいから。あえて空けておいてもええくらい。
コーチはストレートがら空きでセンター張るらしい。でも、張るようにみえるだけで(相手はクロス打ちにくい)、ストレートだけ狙ってる。そういうのもアリ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
>右足踏切りで打てば、何故かコートに収まるんだそうだ
順回転が掛かってエンドラインにストンと落ちるのですよね^^スマッシュなのにロブみたいな(笑)結構、前衛の頭を抜けて決まることあります。

>相手のボールの軌道上に自分がおったらアカン
頭を抜かれたロブを必死で追いかけて、追いつきすぎて身体に近すぎ上手く返せない、、、ありますよ~!
2008/05/31(Sat) 09:20 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
てにまま
おお~~、またしても分かりやすい解説。
すとんと落ちるから収まるんですね。結構、これは便利で練習でも2度ほど使えました。あと1度はタイミングずれて爆笑されましたが。

軌道上ってのはボレーなんです。でも、ロブでも同じですよね。体の真正面にきたら対処困難ですもん。
2008/05/31(Sat) 13:23 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック