テイクバックについて
2008年05月28日 (水) | 編集 |
今日からおじ1名が腰痛のため、3ヶ月ほど休養に入った。お上手Hさんは子供のことで休み。
また2人~~♪さみしい。ダブルスできへん。

ショートテニス

ボレスト。一人がストローク、1人がボレー。コーチは球出し。
ストレートにストロークしてボレヤーがストレート返して続ける。
次はクロスにストロークしてボレヤーがクロスに返す。
これをフォアサイドとバックサイドで。

フォアは大丈夫。
バックが~~~。バックが~~。ちょっとここのところ、体が開く症候群です、と訴える。
「ストロークもボレーも同じことですが、テイクバックなんです」とコーチ。
ストロークもっと後ろへ大きくテイクバックしてみてくださいと言うので、やってみると、差し込まれたボールでも返せます。おお~~。おかしいと思ったら、テイクバックが小さくなってたのね。
ボレーもテイクバックが小さいから横向けずに前でとってるからおかしい。
なんでや~~

ということで今日は「テイクバック」を注目することに。
バックハンドを集中的に!クロスと逆クロス。フォアサイドからとバックサイドから。

まず、レディポジション。脇を空けて前へ出し体の前に空間を作っておく。
ストローク:テイクバックはラケットの先が後ろに引っ張られるように。体と一緒にまわすのではなく。ラケットを先に。で、私の場合は小さくなってるからもっと後方へ引くこと。そこからインサイドアウトに振り抜く。ストレートならサイドアウトするくらいの感覚でインからアウトへストローク。

フィニッシュの時に肘先が現在はやや右側に回っているので(左肘の横から前が見える)、そこまで回さなくていい。フィニッシュの時に左肘が斜め左前方を向くくらい。肘で視界が遮られる感じでフィニッシュする。
クロスなら打点が少し前になるだけで、フォームは同じ。
たったこれだけなんだけど、悩みだった回転が面白いようにかかるし、ラケットにボールが乗る感覚がある。不思議~♪ただ、なんか慣れてないので、ポワンボールが多し。

バックボレー:クロスと逆クロス、フォアサイドとバックサイド。ストロークと同じく、しっかり後方へテイクバックして、最適な打点まで引き込んで打つ。
どうしても引きつけきれずに前でとってしまうと、浮いたりミスしたりする。足
へその辺りで打てると奇麗なバックスピンがかかったボールが深くすべって入る。
自分の打点を体で覚えておくように。

フォアにしろバックにしろ、テイクバックをきっちりやって(このとき絶対に真正面向かないこと肩入れる)、絶対に肘を先行させてボレーをする。

サービス練習:トスアップと脱力が最重要。脱力によってスイングスピードを上げる。

レッスン後にもバックボレー練習を少しやってもらう。やっぱ、打点だわ。打点とテイクバック。
あと、今日また言われた脇をあけておくレディポジション。私は多めに空けておけば、バックボレーの時に体を回す癖が直りそう。Kおじが帰ってからも、少しバックハンドストローク、インサイドアウトを自分で球出ししてやる。死んだボールですが、すべてしっかりスピンがかかるのが本当に面白かった。生きたボールでできるでしょうか
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
私もインサイドアウトの意識練習中です!
2008/05/30(Fri) 11:33 | URL  | haru #-[ 編集]
haruさん♪
おお~、haruさんも!
なんか力づけられるなあ。
意識しすぎて振り遅れ中。。。
2008/05/30(Fri) 15:35 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック