テイクバックが大事
2008年06月04日 (水) | 編集 |
またまたオジサマと二人。。。
バックハンドスライスに悩むオジさま。

今日のポイントはもう二年間言われていることだけど、「テイクバック」
フォアなら相手にグリップエンドを見せる。
バックハンドなら相手に右肘(右利きのとき)を見せる。

「バウンド」「ヒット」と言う練習を前にした。
バウンドしたときにテイクバックしてたら遅い。バウンドした時にはもうテイクバックが終わって待ってる。そうすることで、ショートになったり、ロングになったりしても対応できる。

右手だけでラケットをひかないこと。
左手で引く感覚を忘れずに。フォアで体が開くようなら、左手を必ず添えてみること。

オジさま「引くとか分かるんですが、やっぱり振るというのも大事な気がする」という。
私は「引いて、押し出して、脱力して終わりで、振るというのはない」。
コーチも特に振る必要はないと。

私はどうしてもテイクバックの速度?が遅いのよね。そお~~れ、って感じなのよね。

エンドラインに並んで、薄いグリップ(ボレーの)のままで、コーチのボールを返す。走って下がらないようにと。バウンドが前だと楽に返せるが、バウンドが体に近いと難しい。後ろにテイクバックして、体重は後ろでインパクトしながら後ろに下がるイメージで。バックハンドは詰まる。これはテイクバックがまだまだ遅いから。なんだかな~~~。

よくわかりませんでした。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック