その1:サイド回転のボレー
2008年06月17日 (火) | 編集 |
振替がたまってきたので、午前の部に参加。二つ受けたらどっちも詳細忘れたのでかいつまんで書こう。

いつものアップ。

ローボレー:サービスライン少し後ろからスタート。フォアとバックに1人ずつ。クロスアレーへボレーした後すぐにセンターのボールを逆クロスへアングルボレー。
センターのローボレーは浮きやすいし、アレー狙うとネットしやすい。これをボールの落下地点にきっちり入り、サイド回転を思いっきりかけてアングルへ急角度つけて落とす。
逆クロスアレーにサイド回転かけるには。。。まずは打ちたい方向に面を作って手首はこねないで固定体は横向き。
そして、
フォア>右肘を前へ引く
バック>ラケット持った両手を面固定のままで自分の体の方へ引いてやる。なんか、「エンヤットット」って感じだったんですけど、結構前へ引いて押し出す方がいいようです。
力は抜く方がいい感じがする。

次は、ストレートにボレーしたあとにロブが来るので下がってスマッシュをストレートへ(だったかな~~???

エンドラインから。フォアとバックに1人ずつ。クロス同士で。
1球目球出し~相手リターン~アプローチ打ってサービスライン1歩後ろでステイして相手のボールを待つ~相手打つ~それに合わせてボレー~続ける。
普通、アプローチやサービスダッシュしていつストップするかというと、「相手が打つ前」。だから、自分の打ったボールによって止まる位置は変わる。しかし、今はペアがロブ抜かれることを想定して、サービスラインより少し後ろで止まって練習。

サービスから試合形式:
アプローチ打って前へ詰め、サービスライン手前で止まる。後は自由。
コース見ない。今日やってみたボレーを試すこと。

ぽわんぽわんボールが多くて、ラリーの滞空時間が長く、のんびりしました
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック