ボールの後ろに入る
2008年06月25日 (水) | 編集 |
久々にレギュラー3名揃う。

ショートテニス。左手で速くテイクバック、インサイドアウトに振り抜く。まあまあですかな。

ウインブルドンなんかでプロの試合(杉山)なんか見ていると、クロスからショートクロスに打って、すぐにエンドラインのセンター付近にもどっている。打った場所には絶対留まっていない。

システム5(ゾーン)の話で、4と5では止まっていてはダメ。相手が深いボール打ってきたら追い込まれる。常に、自分が打ったボールによりどこへ返るか予測し、動く。また、主導権とりたいときは、エンドラインの中から攻める。ゾーン1ではウイナーのみ。

テニスはセンターに集めてワイドか、外へ追い出してセンターかどちらかで決めることが多い。
いつものボレスト。ボレー1人対エンドラインセンターからストローカー2名。
ボレー側の人はストレート打ってくる人とは深いボレーの後に、ドロップ。クロスに打ってくる側とは深くクロスに打って追い出してからショートアングルを心がける。
今日は結構ボレーが上手く行った~~~♪

ボールの後ろに入る

ボールを打つときはボールの後ろに入るのだけど、これをフォアは右足、右手。パックは左足、左手で行う。つまり軸足から。反対の足で入ると、打てない。

ボールの後ろへ右足でまず入るが、この時にはテイクバックは完了してなあかん。ボレーも同じ。次に左足を踏み込むがクローズドじゃなくセミオープン斜め前くらいで良いらしい(もちろんクローズでもいいよ)。左も同様。

でも、私は左の準備が遅い。どうやら、また左手で引けていない。右手主体になるから、引きが浅くラケット軌道が短くなる。とにかく、左手でのみテイクバックするように意識。きちんとテイクバックできていると、振り遅れも窮屈感もない。

前回のように、サービスラインにステイで、薄いボレーのグリップで打ち合い。基本はボレーだけど、短いボールは、ハーフボレーかストロークで処理。軸足でコースに入ってから踏み込む。テイクバックは速く。うんうん、よくわかる。

浅いボール、深いボール、中くらいのボール
距離を考えるとき、意識するのはボールの軌道。
長いボールは軌道を高く、短いボールは軌道が低い。
これを実現するには力任せとかじゃなく、肘の位置を意識する。
高い軌道には肘を上げる。
低い軌道には肘を上げない。
こういうところが好きなんだな。

サービス練習:ターゲット
デュースサイドは自分たちの好きな所(ワイド深めにしました)、アドサイドはコーチが(ワイドのネットとラインの真ん中より少し前)セット。これにサーブを当てます。当てたらコーチがアイスおごり。
思ったよりデュースサイドの位置は難しかった。距離がいるし。。。
アドサイドは力はいらない。回転重視でゆっくり振り切る。軌道をイメージして~~
見事私がヒット!!!!
反対側もサウスポーのオジさまが最後にヒット!!!アイスをゲットしました
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
アイス
おめでとうございます♪

肘の位置って大事ですよね。
ボレーは先に面を作っておけば楽に打てるんだけど、
面を作るには肘の動きを意識しておくべきなんでしょうね!
2008/07/01(Tue) 00:40 | URL  | 徹 #wBNUmdRg[ 編集]
徹さん
そうなんですか!
肘の位置って、そんなに大事なのですね。
意識していなかったけど、自然にボールに合わせた位置になってます。が、軌道を調整するための肘の高さってのが、新鮮でした。
2008/07/01(Tue) 10:26 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック