ショートクロス
2008年07月02日 (水) | 編集 |
今日はおじさまと二人。来る前からなんとなく体調がおかしい。ずっと、引きずったまま終わった。

ショートテニス:左手で引く感覚&力はいってる。やっぱ変です~。

システム5の話。でも、途中で終わった。
とにかく、深いボールを打つ、前衛の足元に沈むボールを打つ。それぞれ、ネットを超える時の高さを意識すること。

テニスの攻めは、左右に振る、前後に振る。これだけ。決めのショットを打つために、そこへ至るボールを逆算して考えておく。これ、ずっと言われてますが、難しい。

いつものボレー対ストローク。
ストレート側半面で。
ボレー側は、深く打ったら、前へ。クロス深く外へ追い出したら、逆へ短く。相手を走らせる。
ストローク側は、相手の足元に沈むボールを打つ。ハイボレーになるボールを打ったら決められる。高いボールなら、相手が届くか届かないかくらいの高さで、相手を後ろへ下げる。

デュースサイド:フォアストレート勝負、バックハンドのクロス勝負
アドサイド:バックハンドのストレート勝負、フォアのクロス勝負

ストロークが駄目。てんで足が動かない。動かないから、振り遅れる。間に合わないから、テイクバック遅い。テイクバック遅いから、力が入っちゃう。
早く準備、そして脱力、更に左手で引くこと。
二人なのでしんどい~~。

「なんでテイクバック遅いのかな~~」「バウンドしてから引く癖が抜けてないから」「打ったボールを見ちゃうから」などなど。。。2年間直りませんがな。もうあかんか。

ショートクロス
通常のテイクバック、通常のストロークやフォームのままでいい。
違うのは打点のみ。左足の前どころじゃないくらい前でインパクトすること。
足はオープンでも良い。オープンでも肩をしっかり入れること。打点は前。
速いボールを打とうとしなくていい。コントロールをしっかり。スピンかけて。
そのためには、テイクバックをしっかり、そして、握らない。
オープンでナダルみたいに振り抜いたっていい。その時はボーリングみたいなスイングで(ラケット思いっきりダウンして、ボーリング投げるみたいに縦にスイング)。打点のみ気を付ける。
打点を思いっきり前にすれば、ひっぱろうとしなくても通常のショートテニスのつもりで打つと、ショートクロスに入る。
肘は低くていい。
サービスボックス真ん中あたりのサイドライン狙い。狙いは常に同じ。

サービスラインの位置でショートクロスへ。
そこから1mほど下がった位置から、ショートクロスへ。
エンドラインから、ショートクロスへ。
とにかく打点をおもいきり前で。
バックのテイクバックが遅いから意識。テイクバックしてから脱力でラケットダウン。早くストロークに入って前でインパクトする。引っ張らないでも入るように。短く短く。
だいたい分かった。後は練習あるのみ。

サービス:
ラケットダウンするように。
今日は先週の位置にターゲット。両サイドとも、サービスボックス真ん中あたり(より少し前?)のサイドライン狙い。回転を重視する。

今日はだるかったので、自主練は無し。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック