肘と脱力
2008年10月08日 (水) | 編集 |
明日は試合ですが、ドローが悪く(よく?)、前回の大きな試合で準優勝した片方と当たるらしい。ヤメテケロ~~!!

ショートテニス:もっと早くテイクバックを。バウンドした時にはテイクバック終了してないと駄目。バウンドにあわせてテイクバックしちゃ遅い。「バウンド(準備終わってる)、ヒット」と言いましょう。
フォアの時に、左手でラケットを後ろに持って行くんだけど、私は左手がついて行き過ぎらしい。
ラケットを左手で準備するときに肩が入ったら(肩がネットに向いたら)すぐに右手に主導権を渡して、左手はそのまま前へだす(これ大事らしい)

軸足でボールに入って、踏み込みながらストロークをするようにしてるが、回転がかからない」と言うと「ラケットが下がってないんだ」と。つい、高い位置から打ち込もうとしてるからバウンドと同じ高さから打っていた。しかし、バウンドより低い位置からラケットを振り出してスピンをかけて行けば良い。面さえ上向いてなきゃしっかり回転かかるはず、と。やってみよう。

先週に引き続きボレーからやります、とコーチ。
まずはグリップチェック。バックボレーのグリップ。
「ちょっと違う~」???何度も日記に書いてやってるハズなのに?
指が斜めになってなかった~。
親指と小指でグリップを支える感じ、かつ親指とグリップの間には指が1本入るくらい空ける。そうして、すべての指はグリップに対して斜めに。グーにならないように

テイクバックは肘を少し回して、肘で小さく円を描くようにしてラケットを回して引き、ラケットヘッドを下げる。このグリップでこれをやるとラケットが重い、重い。。。
ヒットする時は「肘から前へ引く」これを意識。
そして、「打点」。

今しているのは、あくまでも「繋ぎ」のボレーなので、深く返せるように。打点は引きつける。バックハンドならおへそくらいだよね。打点が前になるとへんてこ(回転がトルネード!)になる。打点が合ってると、ちゃんとアンダースピンがかかってる。

ワンバウンドのボール(ハーフボレー)も同じグリップで。
ただし、回してテイクバックしてラケットヘッドさげたところを、バウンドに合わせて更にラケットを下げる。きっとボールの後ろ?下?に入るのかな?これも、回転の方向で、できてるか、どうかがチェックできた。

フォアもバックハンドと全く同じグリップ(ボレーはワングリップだもんね)。
やはり、肘から回してラケットヘッドを下げる気持ち(ラケットの重さを感じるってことが大事)
そして、「ラケットで打とうと意識するんじゃなく、肘から前へ引き出すことでラケットに当たるイメージ」。これも、アンダースピンがかかるかどうか。これでチェックできる。

なんかやたらと褒められた。。。記録していた甲斐があったか?

これはボレーのグリップでボレー練習だが、最初はボレーのグリップでも、(バックハンドだとして)テイクバック時に左手でグリップをぐるっと回して、スピンを打てる。ただし、スピンとスライス(ボレー)の打点はかなり違うから注意。スピンは前で取る。

コーチ球出しを、最初はサービスボックス内でボレー。繋ぐボレーだからグリップと脱力を意識。
次に、サービスラインより後ろで、ハーフボレーで処理するか、ストロークにするか判断を早く。
最後はエンドラインでストローク。
なんで?なんで?と自分でハテナマークだらけになるくらい、軽く打てるし、しっかり回転がかかってる(特にバックハンド)。なんで???と聞くと、
肘から回してテイクバックしてるからでしょう、と。それと多分打点もあるな。ほんと、スピンは前で打つってことが大事だ。

なんで昨日は回転かかりにくかったの?って思うほど、クルクルクルって回転してしっかり落ちてた~。。。嬉しい。

サービス:
「グリップ薄くしたら威力がなくなって、DF多くなった」「みましょう」
良いサーブが打てた。
「どこがおかしいんですか?いいですよ~~~」
しかし、打っているうちに「トスアップをもっと前に」と。
自分で気付いたのは、ラケットが背中でしっかり落ちてないかもしれないってこと。これは慣れてないから脱力ができてないんだな。
ヒトカゴ打って、少し慣れた。。。

明日も頑張ろう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック