スピン
2008年10月22日 (水) | 編集 |
小雨だったのですが、せっかく来たから、やりましょうということで。
1時間ほど中断しながら先週の続きを。というか、先週のおさらいで終わった。

スピンでのストローク:
肘を回して、ラケットをダウンしてテイクバック。結果、スピンがかかるという。
雑談しながら、私の素振りをみてコーチ「ラケットが下がりきっていない」。
バックはだいたいできている。
フォアのテイクバック~スイングの軌道がおかしいと。
肘を回すのは、それほど大きく(大げさに)しなくていい。何のためにするか。ラケットダウンをしやすいように。
テイクバックでラケットを落としきること。落としたつもりになってたけど、ラケットを結構握ってる???そのせいで、ラケットエンドが下がらずに、高めの位置でラケットキープされ、そのまま打ち上げて行っても、スピンはかかりにくい。ボールのバウンドを待ったりすると、ラケットの位置とインパクト位置がほぼ同じになれば、フラットで無回転ボールになる。

「ラケットダウン!」と意識しすぎると、手首だけを脱力して、体のそばでラケットが落ちてる。これだと、テイクバックの距離が短すぎて、窮屈になるし、ボールを乗せることができずにスピンもかかり辛い。適度に後ろへテイクダウン!!やってるつもりが、できてない。鏡が欲しい!

インパクト後は、押し出す!というイメージは持たず、壁を塗るようなイメージで。ラケットを押し上げて行く。打った時に「カシュッ」という音が正解。
やっぱ、私は気持ちよい音がするんだよね~~。

ラケットダウンし辛いなら、ボールのバウンドが落ちるまで待たず、ボールがまだ高い位置で打つようにする。そうすることで、ラケットがボールの下から当たることになるので、スピンをかけやすい。打点は前にとること。

ボレーは、先週と同じ+肘から打つこと。当たってから肘を前へ押し出してボールを面に乗せて運ぶ。

グリップがまだ厚かった。グリップの側面を親指と人差し指の間にくるように。
ボレーしてたら雨が激しくなり、おしまいでした。
ああ、不完全燃焼。まだできてないよ~~~。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ダウンロード
間違えました、コタツでモンブラン食べてます!

http://download0.info/
2009/01/07(Wed) 19:30 | URL  | ダウンロード #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック