ワイド→アレー、ストレート→センター→ストレート
2008年11月04日 (火) | 編集 |
3名とコーチ。これくらいがいいなあ~。
アップの後、エンドラインに3人(フォアサイド、センター、バックサイド)どんどん場所を交代して入って、短・中・長を打ち分ける。ストロークで(フォアハンド:バックハンド)。次にボレーで(フォア:バック)。
ストロークなら、どれくらいの高さでどこまで飛ぶか確認。
これは水曜コーチと同じことを言ってる。長いのは高さ。短いのもドロップ気味に高めで。

3名とも、ボレーでは、相手フォアサイドのショートアレー、バックサイドのミドルとショートアレーが苦手であることが判明。つーか、そこ難しいんですけど(特にバックハンドで)。打ち慣れていないから。

並行陣2人対ストローカー1人
並行陣から球出し。2人は、ストローカー側の半面にのみ返す。ストローカーは全面に返して良い。

並行陣側は、ショートアレーを狙うが、それを打った後にどう動くか。
相手が追いついて、余裕があったら、どこへでも打てるから、クロス側はショートアレーをケアし、ストレート側はストレートをケア。滞空時間のあるロブはとりあえず、捨てる。
相手がやっと拾うのであれば、ロブをケアして2人とも下がる。ま、これも相手の体勢をみなくちゃね。

ストローカーは、クロスからのボールのときはショートアレーが来ることを念頭にいれ、ストレートからのボールのときはセンターをケアする。そのように体を動かすこと(クロスへ→体をクロス側に向けてサイドケアしつつ前へ:ストレートへ→少しセンターへ寄る)

予測することで、ショートに落とされたボールに追いつくことが出来る。でも、浮かしちゃ駄目ね。。。

並行陣(生徒2人)対雁行陣(前衛はコーチ)
並行陣から球出し。さっきと同じ動きをする。並行陣側も予測!!

雁行陣はどうしても動きが大きくなるので、ボールを散らしては自分がしんどくなる。一人を攻めることも大事。
後衛からストレートへ配球したのをセンターに返された。予測して寄っていたので、返せた。
この次を、センターからクロスへ返したら、ショートアレーに決められる。後衛は距離が長すぎるから追いつけない。ここで、クロスへ返さずに、センターへ打ってきた人(ストレート側)に返す。できたら沈める。もしくはストレートロブでもいい。相手は返ってくると思ってないから決まる。
ほんまに??

並行陣側の時に、センターを抜かれた。もちろんボールが速い、二人が並んだ、などの原因もあるけど、「どうしたら取れる?」と聞くと、「前へ詰める」。
後ろ(サービスライン辺り)に下がっていると、相手は打ちやすいし、自分たちの体勢は苦しくなる。前へ出ると楽にボレーで返せる。

また、ストレート側がチャンスボールでハイボレー強打してくるなら、下がったら相手はどこへでもうてる。できたら、前へ詰めるとプレッシャーになる。当たったら痛いやん。。。

沈めたら~ロブケア。
ワイドに打ったら~ショートクロスケア
センターに来たボールは~ストレートへ
勉強になりました。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック