ボレーのコントロール
2008年11月07日 (金) | 編集 |
振替消化。
参加者は振替多く、最高人数の8名。

いつものアップ(この時点でかなり調子悪し。体ばらばら?)

ボレーの距離をコントロールする。エンドラインあたり、サービスライン辺り、ネット際。
直線的でなくてかまわない。逆に、ネット際だと直線的だとネットする。
深さを出すには、大きく。ネット際はドロップ、上方向へ打つようにする。送るように打つと、バウンド後にボールは走る。上へ向けて打てば、ボールは止まる。アンダースピンで更に止まる。

サービスラインから、この3カ所(フォア、バックサイドともに)にコーンを置いて当てる(つもり)。

デッドゾーンでアプローチ打って前へ詰めてサービスライン辺りでスプリットし、ボレー。言われたところへ。しかし、人数多いせいか、コーチがどんどん打ってくる上に、そのボールが強い。。。はじかれる。コントロールできません。。。ロングは短く、ミドルは更に短く、ネット際はコントロール不能状態。

アプローチ~ハイボレー~スマッシュ。

並行陣(全面)対ストローカー(半面1人)をどんどん。
ストローカーはクロスに打ったら、ショートを意識して、打ちながらデッドゾーンくらいまで出る。
予測、予測、反応。

並行陣は、相手の体勢をみて、ロブケアかショートクロスかを判断する。

私はさっぱりでした。。。。
なんかテンションダウンの上、遠慮してしまってセンターはまったく手を出さず。
勉強になったけど、練習にならなかった。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック