久々のスマッシュ
2008年12月03日 (水) | 編集 |
珍しく5名。

ショートテニス:もっと左手でラケットを横に押し出すように。だんだんと右手でひいている。右手で引くと下から引いたり、直線的になったりするので、注意。自分では、ラケットを構える位置がだんだん下がる気がする。常に胸の高さで準備しておけるように。。。。

ボレー&ストローク:今日はフォア側もバック側もストレートで(人数がいるからね)。ここんところ、準備が遅い私。他の人(みんな私より上手い)を観察。
打つ~すぐ(1秒くらい)にラケットを胸の位置にもってきながら、足を少し動かす(スプリットだったり、足踏みだったり、リズム取ってる)。相手が打つ時には準備できてる。待機中は、Hさんに合わせて素振りみたいなことをやってみた。なるほど、早い。打った後が早い。
見習った後は、その前とは別人みたいに返せました!!

ただ、Tさんのボレーはスライスがきつく、速い上に深い。どうしても返せない。。。
コーチに聞いたら、合わせてロブで返せばいい。とか、打たれないように、緩いボールを送ればいいとか言われました。エンドラインまでくるんだから、自分としてはノーバンでとればよかったのかな?と思うけど、すごく低いからなあ~。

スマッシュ
何度も練習してますが、今日は切り口が違った。
グリップは薄く握るけど、アタリはフラットで「決め」のスマッシュ。
普通にサーブみたいに打つと、スライスになる。だから手首の回内を使う。
薄いグリップのままでボールを地面についてみる。フラットじゃないとつけないからね。
このアタリを実現させる。
ラケットを担いで、振り出しで手首を返す。打点は前。肘は曲げたまま。
ボールが上がったら、左手を斜め前に上げて肩越しにボールを見る。左腕と肩の間に打点がある。

コーチとの練習で、私は打点が高すぎる、と指摘。だから、インパクトで肘が伸びてしまってる。
もっと打点は下、そして前。肘は曲げたままで前で打つ。そして、手首は返してフラット当たりを意識し、地面に「叩き付ける」。力を入れる必要はない。肘と手首で十分に叩き付けられる(フラットだから)。実際、上手く当たったら、コーチの頭を越すスマッシュが打てた。

いやはや、ずっと打点は下で、前です。「見える範囲で打つ」ことは常に意識していたけどね~。

最後はサービス。
普段はスライスサーブですけど、今日のスマッシュ(フラット当たり)の手首の使い方をそのままもってきて、フラットサービスを練習しました。スライスだと、フイニッシュは左脇腹でラケットが地面と水平でしたが、フラットだとそこまで振り抜かない。体の前でお終い。
スピードが出て、まっすぐに飛んでいきます~。ただ、安定しない。

スマッシュもっと練習しなくては、まだまだ感覚が自分のものにならないな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック