チャンスボールを高い位置で打つ
2008年12月17日 (水) | 編集 |
雨がぽつぽつだったけど、レッスン開始時には止みました。2名参加。

アップ後、いつものボレー&ストローク
フォアサイドでストレート、クロス。バックサイドでストレート、クロス。

ストレート対戦の時、ボレーヤは特に前後を意識する。逆にストローカーは相手の足元に沈むボールを打ったら、2、3歩前へ出て短いボールに備える。

クロス対戦の時、ボレーヤは深いボールとショートクロスとを使う。特にセンターに深いボールは有効で、それが返されたらショートへ落とせば良い。ストローカーは相手のバックハンドにボールを送るように意識する。

ストロークはフォアサイドはよかったけど、バックサイドが駄目だわ、私。準備が遅い。打ったら即準備すること。
ボレーの調子は非常によかった。
「上が強くなった」とコーチに言われた。火曜レッスンの成果だわ。

「今の練習で、どうも高い位置でボールを打つときが苦手のようなので練習しましょう」
確かHさんが何度か、チャンスボールをボレーのようにラケットを立ててスライスで返してミスして、注意されていた。

ふわ~~と来たボール(ワンバウンド)をバウンドの頂点までで打ち込む。フォアハンドのみ練習。
バウンドの頂点より落とさないこと。
そのままの位置で打つのと、回り込んで打つのと。
共にオープンスタンス気味で打つ。クローズドにならないように。
私は前へ踏み込んでしまうので、注意される。
インパクト後に軸足(右足)に体重が乗っているように。
頭をそのままの位置で動かさないこと(スウェイしない)
ボールのバウンドに合わせて、高い位置でラケットセット。胸~顔までの位置で。テイクバックでわきをあけること(窮屈にならないように)。脱力。スイングは肘から引き、ラケットが後からついてくるように(しなる)。強打しなくても、そのまま打てばスピンがかかったボールが直線的に飛んでいく。跳ねない。打点はスピンと同じ。

回り込むときは、右足を後ろへ引いて弧を描くように。キャリオカステップみたい?
オープンスタンスで右足体重ってのが、ちと慣れない。頭を動かさないってのは納得。
私はとにかく踏み込んで前で!と思ってたから、ミスしたりするのだ。頭を動かさずに、体重を後ろに残したままにしたら、打点さえ間違えなけりゃミスしないだろう。

「今の打ち方と、同類なので、スイングボレーもやりましょう」
ネットする私。
さっきのチャンスボールと同じく、ラケットを胸~顔くらいでキープするのかと思ったら、違った。
ストロークと同じように(トップスピン程は下げずに)、下からスイングするのであった。スピンをかける。なので、打点は前。それなら難しくない。ただ、強打しようと思わずに、頭を動かさず、体重は後ろだね~

最後はサービス:
「チャンスボールの時にわきを空ける、と言いましたが、サービスも同じです」と。
わきを空けることで、振りが大きくなり、パワーが出る。
それと担いだときのラケットぶら~~ん。いかにラケットを背中でぶら~んと脱力できるかでサーブの威力が変わる。私の担ぎ方は上からなので自然にわきがあくのでオッケー(コーチに教えてもらったんだよね)。今はとにかく、トスを右に、を練習中です。それと背中でラケットぶらんをもっともっとやろう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック