ハイボレーでチャンスボール
2009年01月14日 (水) | 編集 |
レギュラー2名+今月だけ参加のおじさん1名。

いつものショートテニスはまだイイ。
ボレストでおじさん相手になると、途中で笑っちゃって(おじさんが、やたら気合いが入って、声が出まくり、相手のミスで終わると雄叫びをあげる)、コーチに「クロさん、笑い過ぎ~」と注意されてばかり。

今日は前回より準備が遅かったし、バックハンドで肩が入ってなかった。だからミスする。
調子のいいときと、そうでもないとき、悪いとき、どこがどう違っていて、どういう風に調整をすると、調子がよくなるのか。分かっているようで、そうでもないのかな。ミスする理由は分かっても、調整がなかなかできない。

ボレストを長~くやりましたが、今日のテーマは「ハイボレーのチャンスボールを叩く」でした。
ポーチ含む。

パンチボレーでしたこれは以前やりました。
決めのボレーの時は、グリップは厚く。繋ぐ時は薄く。
フラットで打つために、厚くグリップを持ち、握らず緩めて脱力し、ラケットを寝かせて準備。インパクトの時はグリップをギュっと握ることで、ラケットが起きる。ラケットはかぶせるまで振らないで、ギュっと握った状態(立てる)でフィニッシュ。

また、ステップはセミオープンで。軸足がボールに入るように。軸足だけで打つ気持ち。踏み込み足は、軸足にクロスさせない(軸足より斜め前に出さない)で、軸足とやや反対側に出す。
バックハンドは軸足だけで打つのは、私は嫌なので、踏み込みながら打ちました。別にそれでもイイらしい。大切なのは、軸足がボールに入っていること。そうすることで、ボールを呼び込むことができるから。

ポーチなら、ワイドに打って、バウンド後は外へ逃げていくような軌道で。左手で打つコースを調整する。コースバレバレな気がしますが。大事なのはそれと脱力。グリップぐらぐらでテイクバック終了、インパクトで握ることで距離ができて威力が出る。厚く握るのは慣れが必要だな。ポーチで咄嗟にできるかな。やってみよう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック