風上、風下
2009年02月04日 (水) | 編集 |
振替入れて、4名。風強し。

ショートテニス:やはりまだバウンドに合わせてテイクバックしている時があるらしい。なーぜーだーバウンド、ヒットと言ってみた。。。
体に近いところにボールがくると、打ちにくい、と訴えた。
「足が急に(タタッと)止まるからです。まずは、軸足で止まって、前の足はゆったりと止めること(多分これで距離を調整できるんだ)」

風上にいるとき:ゆったりと深くスピンをかけた山なりボールが有効。スピンをかけないとオーバーする。でも、バウンド後に跳ねるし、風で押し出されるから対応しにくい。ストレートロブを。

風下にいるとき:スライス、ドロップショット、高~く上げたロブなど。相手のバックハンドにロブを上げる。高ければ風の影響で難しい。高くなくても、バックで触らせるようなボールでミスを誘う。

クロスでボレスト:ボレー側が風下でしたので、ボールがきっつい。ストローカー側は逆にボールが止まるので足動かす。準備早く。ミスしたりガシャるのはすべて準備が遅すぎる。打ったボールは見ないで。

相手はすべてスライスのきっついTさんだったので、ボレーがねえ。。。すみません状態。ミスだらけで何が悪いかもわからん。どうしたらいいかもわからん。結局準備が遅いのか。
ストロークはまだまし。打ったら構える。予測する。ショートアレーに打ったら、アレーにくるとか。ストレート~センターとか。後は、スイングの時に腰で打つようにしたら、バックハンドのスピードが増した。しかし、速いボールの練習ではない。ゆったりと打つこと。

スピン打つ時は、高い位置で打つこと。ボールを落としきらないこと。高い位置にあるボールを、ラケットをダウンしてしたから擦り上げることで、スピンがより多くかかるのだ。私は落とし過ぎ。打点が前ってのも同じこと。

試合形式で:最初クロスですけど、後は自由。風上からゆったりスピン多いストレートロブを打たれて、なすすべなし。前衛は届かない。後衛はサイドラインまで走れない。あれは、前衛がカットすべきか?しかし、深かったぞ。結局、相手はフォアハンドなんだから、サイドラインへストロークを打てば、どこへでも打てる。このどこへでも打てる状態で、あえてストレートロブってのがイイらしい。

サービスからゲーム形式で、ポイント合戦。
何故か私は勝ってしまったので、コーチにコーヒーをごちになった。
私は何もしていない。ペアさんがよかったのだ。えらいこっちゃ。

この準備が遅くて(?)、差し込まれるっての、なんとかしなくちゃなあ~。
それとセンター抜かれること。
自分の近くを通るストロークにポーチしないこと(見逃しちゃう)
みんななんとかしなくちゃ。もう駄目だ~~
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
てにままの金曜レッスンも風の強い日でした。
もちろん風対策の内容^^

メンバーのほとんどが強打者なのでアドバイスは
「ゆっくりとした球を混ぜて」
の言葉が多かったかな?

>風上からゆったりスピン多いストレートロブ

風上からは相手に触られてもいいくらいの中ロブを打つこと。
別にスピンはかかってなくてもOK!
風に乗って揺れて、スマッシュしにくいし、
意外に伸びて結果前衛は触れないことになる。
&後衛は間に合わない、ってね^^

ほとんど同じ内容でしたねぇ(笑)
2009/02/07(Sat) 20:54 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
てにまま
同じだったんですね!
やっぱ、風が強い日には風対策のレッスンが効果的ですものね。春の試合は風とは切っても切れないですから。
今日も強風で、途中で「ああ、強打して風に影響されないボールを打てばコントロールできるな」って思い出したんです。

でも、風上から中ロブでもいいんですね。でも、中ロブは苦手です~~~~(苦)
2009/02/09(Mon) 00:35 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック