ジュニアコーチレッスン
2009年02月11日 (水) | 編集 |
急にコーチが休みで、代理のジュニアコーチ。
しかも、今日は休日♪で、振替がいっぱい(計4名)で6名参加
こういうことは水曜レッスンでは非常にめずらしい。
代理イケメンコーチは、きっと大勢だから、レッスンより楽しんでもらおうと思ったのか?
特にレッスンというレッスンはなかったのだ。
なので、レッスン後にドロップショットを教えてもらおうと思ったけど、ゲーム練習に借り出されて、教えてもらえず

ショートテニス
雁行側から球出しの、相手並行陣で試合形式。
サービス練習
タイブレークでの試合。
アドバイスと言えるのは、サービスの時に、ラケットダウンしてインパクトに向かう時に、しっかり脱力できていれば、ラケットが後ろでくる~んと縁を描く、らしい。こうしてくださいと。
う~~ん、それすると肩痛めるからパスなのだ。

サービスで長い。
トスアップの手を下ろすのが早すぎ。で、体が早く回りすぎている
やはり。。。そうかな、と思ってた。だから、トスアップの手を残して、ラケットと入れ替えるようにすること。それと、長いのはきっと、脱力が完全にできていない。手首が固いのかな。

ストローク。
またも、ボールを点でこすりあげているから、ラケットを前へ振り出すこと(フラットドライブで)。

試合の時に気づいた:
相手打った時に判断してラケットと軸足をセット。普通に飛んでくるサーブならともかく、横へ切れていく(遠くへ)サーブだと、1歩軸足を横でセット完了すると、遠くなる。ちゃんとボールの軌道の後ろに入れるように。「ボールと自分の位置が遠すぎる」らしい。そうだね。

ポーチは斜め前へ。やはり横へ動いてしまう。

決めボレーは思いっきり前へ詰めて。早い段階で足を止めないこと。

ボレー戦で、クロスへ打ったら(わりと厳しく)もっとショートクロスをケアしよう。何故か打った方へ動いてしまってる。反対に打たれるともう駄目。。。

やはし、相手のラケットの位置へボールを送ってしまう。人の居ないところを探そう。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック