月曜レッスン:トップスピン
2009年02月16日 (月) | 編集 |
某おじさんに招集かけられて、月曜日に参加。
5名(なんや、多いやん)。

ショートテニス:相変わらず、「早く準備を。バウンドに合わせない」いつになったらできるのやら

風邪が強いので、またまたいつもの「風上、風下」のお話。
今日はともにスピンを多くかけること、と。風上からトップスピンを深く打って、バウンド高いと風の影響もあり、とりにくい。風下からだと、バウンドして相手に跳ねていかなかったりするのかな?
いつもはスライスっていうんだけどね。

手出しボールで、トップスピン。バウンド後高く跳ねる、インパクトの時に音が「カシュッ」という。
ラケット面は縦に使う。そのために、ラケットを下げる。テイクバックからインパクトまでの軌道が下から上。脱力すること。グリップはウェスタンが一番打ちやすいが、自分のグリップでOK(わたしはセミウェスタン)。風の強い時は高く打つ。高く打つには、フィニッシュで肘を上げればいい。ゆっくりストロークすると、ボールが長く乗るので(接触時間が長い)スピンがかかる。ビュンと早くストロークしたら、回転は速くなるだろうけど、飛ばない。

形式練習:コーチストレートから球出し。並行陣。後衛が相手の頭上を越すように、トップスピンロブを打つ。甘いロブなら、前衛は叩いて相手の二人の間を抜く。
ロブで越せたら、越された方はチェンジする。ロブを追いかけた人はストレートへ返す。クロスロブでもよい。ストレートに打った方が前衛がいないから、安全なのだ。
ロブを打った人は前へでてもよいが、いきなりサービスラインに入らず、ラインの後ろくらいで相手の体勢を見る。相手がロブなら詰めないで。

私のいつもの欠点。ロブが甘くなり、スマッシュされる。
なので、今日は後ろのビルを目標に上げてみました。2階じゃ叩かれて、屋上(3階建て)くらいでちょうど良かった。後でコーチに聞くと、「もっと膝を柔らかく使うといい。また、振り切れてない。振り切れていないのは、力が入っているから。フィニッシュのときに、ラケットが途中で止まってて振り切れてない」なら、それは自信がなくて、入ったかどうかをみてるんでしょうねえ~、と納得

一緒にレッスンしたジュニア上がりの20才乙女。奇麗なトップスピンと見事なタメ。また、振りがゆっくりなので、よく跳ねます。膝もとても柔らかかった。真似するのに丁度いい。打ってくるコースが分かっても、反応しようとした時はまだタメている状態で、へなへなに。。。
あそこまでタメが作れたら、いいだろうなあ~~~

今日の私は、しのいで来たチャンス(と思った)場面で、打ち急いだり、焦ったりしてミスしました。
ほぼ、すべてミスしました。あそこで決めていれば。。。。
これ、なくしましょうね
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
風、無茶苦茶でしたねぇ!(--〆)
昨日とは天国と地獄くらいの差だったもの。。。

ジュニアあがりのフォームって、
一朝一夕でつくられたものではないから
真似したいんですけれど、なかなかできない^_^;

風下から天井ロブをあげると、バウンドした後逆に戻ったりして、、、
なかなかナイスな結果(相手のミス)がでます(笑)
有効に使いたいと思うww
2009/02/17(Tue) 09:23 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
風強かったですね~。こちらは、めちゃくちゃって程じゃなかったですが、それでも強風波浪注意報が出ていたらしいです。

後ろのビルは遠くにあるので、屋上でも天井ロブほどじゃないんですよ~。でも、天井ロブってやられると嫌ですよね、跳ねるし。ただ、これを打つと、同じボールが返ってくるからちょっと嫌かも。。。
2009/02/17(Tue) 10:21 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック