攻守をめまぐるしく
2009年03月03日 (火) | 編集 |
4名参加。先週と同じテーマで。

アップ、4名なのでクロスで。

ストローク:フォアとバック、クロスにストレートに、最後はアプローチで。

アプローチ、クロス~ファーストボレーをクロスに深く(横向くこと)~チャンスボールを詰めてハイボレーと下がってのスマッシュ(クロスだったりストレートだったり)。特にバックボレーは背中を見せるくらいに横向いて。
私はグリップエンドが下にならないように気を付けた。バックボレーなら肘がボールの軌道上。そしてしっかり横を向くこと。これで随分と違いが出る。

2対3のボレー戦。3の端っこにコーチで球出し。
攻撃的なテニスをするなら、打ったら前へ詰めて行って良い。特にチャンスボールを打ち込めばそのまま前へ行ってもいい。ロブケアはペアが担当して。
ただし、サービスライン辺りでペアがロブをスマッシュした時は、ペアは前へ詰めて甘いボールに備える。
2側は並んでの並行陣だから、二人ともボールのある方向を向くこと。センターボール、バックボレーになるフォア側は横に出ないで、斜め前へ出るととれる。
クロスに打ったら、アングルケア。ストレート側は前へ詰めて。クロスに打ったらついつい、ボールの方向へ寄ってしまい、アングル打たれる。
相手の体勢でロブかどうか判断する。
先週同様、スマッシュ構えられたら、コース予測して前でラケットセットしてポンと前へラケットを押し出す、振らない、テイクバックしない。

並行陣対雁行陣(前衛がコーチ)で試合形式。球出しは、並行陣側からクロス、ストレート。
攻撃は前衛アタック。
サービスライン辺りでのロブカットのスマッシュ、前衛へ持って行く。
チャンスボールを前衛に打てば、前へ詰めて行く。
しかし、後衛に強打してしまうとロブがあるので、サービスライン辺りでステイする。
攻撃的に、打った人はどんどん打った方向へ詰めて行けば良い。抜けのボールはペアにまかせる。

と言われてもねえ。。。。なんだけど。

私は相変わらず、後衛からアプローチしてファーストボレーが出会い頭で吹かす。
まだまだ横向きが足りないのか。止まりかけるのが遅いのか。両方だね。

横向き、肩入れてをいつもより大げさにやるくらいで丁度いいのか、上手く打てる。
チャンボは足止めず、もっともっと前へ詰めて。ネットするよ。

奇麗にセンター抜ける低い速球。
並ぶ並行陣はどちらがとるんだ?打った相手がクロスになる人?ストレートになる人?
このコースが分からなかったよ~。どちらもとればいいんだろうけど、どちらも反応しなかった。

後、ローボレーを雁行陣の前衛に送っては駄目。やられる。
これは一つ、後衛に送って次に備えること。前衛は駄目、前衛は。

なかなか練習になりました。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック