打ったら早く準備
2009年03月17日 (火) | 編集 |
振替入れて6名。
いつものアップの後ストローク練習。
手で打たないで腰で打つ~。最近これ多いな。
走らされながら、腰で打つこと意識すると、打点が遅れる~。
走りながらでも、いつでも打てるようにラケットを準備しておかねば。

両サイド
アプローチ(サービスライン内に入る)~ローボレー:ともにクロス深く:~ハイボレー~スマッシュ(ストレートにショート)
これを右左右左って感じで振られる。だからジグザグに動く。

1対1:
片方が固定。ともにシングルスライン。コーチが球出し。1ポイントずつ片方は交代。一人が連続2ポイント失うと、交代。
どうもシングルスってわからないので、???で終わった。相手のミスで助かった。自分はまったく決めてない。

1対2(雁行陣から)
1の方へはシングルスラインで。1は2へダブルスラインで返して良い。
1はとにかく、打ったらすぐに戻り、準備をし、次に備えないと相手が2人なんだから、やられる。
コ-チはどうも、打ったボールを見ないようにさせたいようです。
2人の方は打ったら見てる人が多いから、その隙をつけ」とか言ってたし。

ボレー練習:
デッドゾーンからロブをボレーでクロス深く返しながら斜め前へ。サービスラインTマーク辺りのボールをボレーでクロス深く。更に斜め前で逆サイドネット際に詰めて反対側クロスアレーへ決める。
フォア、バック。デュースサイド、アドサイド。それぞれからスタートして同じこと。

ストレートでのラリーへの絡み(以前やったぞ)
コーチは片方前衛。お互い雁行陣。
片方後衛から球出しストレートを相手もストレートへ返す。後は普通で。
しかし、前衛はストレートラリーの時の位置(センターラインで前詰め:ただし、ペアが打つ時は少し下がる)

この練習って、意図がはっきり言ってよくわからない。。。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
以前通っていた室内レッスンで、振替で初めての若いコーチだった。
相手がスマッシュなり、高いところで構えたら二人とも直ぐにエンドラインへ下がって!との練習だったわ。いやはや「おばてに」をご存じないようで(笑)二人が下がったら確実にドロップでしょ?!てにままは「構えられたら一歩前へ詰める」くらいのテニスをしてるんだから。。。

意味の判らないレッスンにお付き合いするのも大変ですよねぇ!
2009/03/19(Thu) 23:46 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
並行陣でやってるときにエンドラインまで下がるって、逆に大変じゃないかな?
以前てにままがスマッシュされそうなら、1歩前へ出るって言ってたから、実行したら、危ないと言われました。
でも、エンドラインまでは。。。
せいぜいサービスライン少し後ろで面を作って待ちますね。
2009/03/20(Fri) 11:02 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
あはは、確かに危ないのです^^
相手を選びましょうね(笑)
当たっても怪我をしない程度のスマッシュを打つ相手の時に!
それは相手へのプレッシャーにもなる。。。

>サービスライン少し後ろで面を作って待ちます
それで、十分だと思います^^
2009/03/20(Fri) 21:46 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
ストレート、雁行陣の打ち合いの時の前衛の絡みは・・・

雁行陣後衛同士のストレートの打ち合いだと、どちらかがバックで打つことが多くなり、どちらかがフォアで打つことが多くなりますよね?
普通?バックでストレートに打つ方が難しいとされているので、甘くなりがちで・・・
なので、自分の後衛がフォアで打つ側であれば、ストロークで押せるので、ちょっと前目でポーチ狙いも視野に入れて。の動き。

反対に自分たちがバックでの打ち合いで不利ならば、相手前衛のポーチも警戒しつつ、ちょっと守り系の動き。になります。

そういう、前衛の心構えの練習かと思いますよ。(*^_^*)
2009/03/20(Fri) 23:55 | URL  | いんたあニャット #-[ 編集]
そうそう、ポーチに出るんです。
ただし、自分側フォアサイドで相手側はバックサイドのストレートラリー。前衛はフォアハンドでポーチに入れる。

実際の試合でこれをやると、ビンゴでポーチに入れる時があまりないのです~。逆に自分のサイドが空いてしまう。だから意味がないかもと思うんです。

気持ちの問題なんですね~。心構え、の練習というなら分かります♪
2009/03/21(Sat) 02:20 | URL  | caloline #rCkMHI3E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック