100%で
2009年03月31日 (火) | 編集 |
5名。

サイドからスタートの3本ストローク。フォア&バック。デュースサイド&フォアサイド。

バックハンドストロークでテイクバックする時には右手を伸ばしてしまっていい、と。両腕をピンと伸ばしても良い、と。ラケットを立てて、テイクバック終了。そのまま打っていく。
確かに、このコーチの打ち方はそうだよね~~♪でも不採用なのだ
力が入っちゃうからね。

サービスラインでサイドからハイボレーの練習(クロスアレーへ)。
ふわっと高めに上がったボールをハイボレーで打ち込むのは苦手。。。
フォアはラケットを引きすぎずに高くセットしたら、グリップエンドを左手でキャッチする気持ちで。右手を左側へぎゅっと引く。
バックは、やはりラケットを高くセットし、両手(の場合)をおへそ当たりまで斜めにグっと引く。

らしいけど、あかん。なんか、引きつけきれてない。前でとっているらしい。
シャープに打ち込めない。浮いてしまいがち~。。。

アプローチを打った後からという想定。それをコーチが返す。返されるボールはローボレーのボール(クロスへ返す)、ハイボレーのチャンスボール(ストレートに打ち込む)、頭上を抜くふんわりロブ(ワンバウンドさせてからクロス深く返す)。

コーチがテイクバックしたら前へ詰めて、ピタッと足を止めず前のめり(つま先立ち)で止まりかかるだけでボールに応じて反応する。止まったり、後ろ体重になると反応が遅れる。

半面クロス同士でストロークラリー。相手ボールが短くなったら前へ出ていい。それまではストロークで。ストロークは得意だから、負ける気はしない。今日はスピンの調子がよくラケットの当たりがいい感じ。深くボールが落ちる。横向き、打ったら構える。

当面は雁行陣の練習をするらしい(何故?)
形式練習でポーチかストレートか、いずれかをケア。
どちらをケアするかは味方がボールを打った時点で決めておく。50:50は駄目。
ポーチ行くつもりならストレートは捨てるつもりで、斜め前へネット際(相手前衛とラケットが当たるくらい)出て行く。行きそうになって取りやめるのはなし。

ストレートケアなら、ストレートを少し空けて誘うのもよし。その時には、ストレート100%ケアでセンターへのボールはもう捨てる。その代わりに、ストレートに来たら決める。
ポーチするようなボールは、たとえポーチに出なくても後衛が楽に取れるのだから、ストレート抜かれる方がダメージ大きい。

私はポーチに出ようとばかり思って、ストレートは抜かれまくりました。
後衛の時は相変わらずイイ~~
コーチ前の前衛の時はダウンザライン抜かれまくり。あかんやん~~~。

ポーチするならポーチに100%
ストレートケアならストレートに100%
気持ちをぶつける。ポーチでてるのに、ストレートをとろうとしちゃ駄目、らしい。
難しいね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック