バウンド頂点以前で打つ
2009年04月22日 (水) | 編集 |
4名。
ショートテニス:フォアのテイクバックが安定してきた。バックが窮屈なのは、もっと後方へラケットを引けば良い。今は、テイクバックが小さいので。

テイクバックを安定させるには、懐を深くすること。右手でラケットを握りしめないこと。ラケットを胸の辺りで掲げること。だんだん下がってきがち。

先週に引き続き、バウンドの頂点までのいずれかで打つ。
一番コントロールしやすいのはバウンドして一旦落ちたくらい。
その前に打つ。速いボールを打ちたいときも、ライジングで打てば速くなる。
ただし、早い時点で打つんだから準備ははやくしなきゃ間に合わない。相手が打ってフォアかバックか分かった時点でもう引いて待っておく。

ショートバウンドの練習:先週と同様に「タ、ターン」のリズムで。腰を落としてラケットを下げ、ほうきで地面を掃くようなイメージで。

サービスラインちょい前あたりに立ち、ネットはさんで打ち合い。グリップはボレーのグリップ。
ハーフボレーかローボレーか、瞬時に判断して打つ。準備は早く。常にいつもの位置にラケットを構え、打ったらすぐに元へ戻る。きちんと横を向く。
横向き(腰がネットと垂直)になることはとても大切。フォアはなんとかなっても、バックの横向きが甘くなりがち。バックの横向きが足りないと、ミスする。

ボールがすぐに返ってくるから、準備をすごく早くしなきゃなんない。
この後で、デッドゾーン対サービスラインで打ち合いすると、デッドゾーンで打つのがめちゃくちゃ余裕になるよ~。

浮かせないこと。
そのためにはグリップを握りしめずに脱力する。
足元左右にバウンドするボールがミスしやすい。すぐ判断して、足元じゃなくローボレーで返すと良いのかな。スライスで低いボールはもっと腰を落とせば良いかな。
とっても難しいっす。

試合形式で雁行から相手はアプローチで並行陣に。もう一方は雁行から、前へ出れるボールを見極めてでる。前へでれるボールは。。。足元に沈むボール。
しかし、いまいち前へ出るタイミングがつかめない。ワイドに打つとワイドに返されるし。センターへ沈むボールもいい。前衛も取ろうとしてサイドがあくから。

試合のことを質問。
速いボールには速く、遅いボールには遅く、合わせてしまうのはマズイけど、どうしたらいいですか。
「早く準備をしておくこと。早く準備して脱力できていれば、コントロールできる」
いつも同じだ~~。

今日の練習のようなボレー戦で、ボールが浮いてしまって相手に打ち込まれる。浮かせないようにするには?
「横向きになること」
同じだ~~。。。

いつかできるようになるかな。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
打った時点でネットを取るのかステイなのか
相手次第のところはありますね。

沈めているつもりでも、沈むより速く詰められたら
それは「浮いてる」球になるわけで。。。
でも、スピンあるいはドライブがきちんと掛っていれば、
相手はそんなに強打(ボレー)は出来ないはず!
弾かれてアウトの確率が高いから少しは「合わせて」来るのです。

その微妙な「攻めて」いない球を、どう打っていくのか?

てにままの今の課題は、そこんとこかな(笑)
2009/04/24(Fri) 19:40 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
意図的に緩いボール、しかも、チャンスボールではない緩いボールを打てるようになりたい。
しかし、そのためにはスピンを安定させたり、打つコースを見なかったり、色々とハードルもあります。
しかし、できるようになりたい~~~♪
2009/04/26(Sun) 00:56 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック