ストローク&ボレー調整
2009年05月13日 (水) | 編集 |
今日も月曜に引き続き、Iコーチレッスン。
3名参加。久々にB様のHさん来た。うれしや。

ショートテニス:月曜に腰を横向き、言われたからやる。できているらしい。
が、窮屈になる時はテイクバックが小さくなっている。
横向くからといって、ラケットは体より後ろになっていはダメ。テイクバックを大きくとる時は、後方へ。ラケットエンドを打ちたい方向へ向けるイメージで
こうすれば、クロスへ打ちたいのに、後ろへラケット回しすぎるとグリップエンドはストレート方向を向くだろう。

横向き、というのは、打つ方向に対して、垂直にということ。

そして、これはボレーでも同じこと。
横向くには、「つま先を横向ける」横とまでは言わないまでも、横気味にずらせば、腰も一緒についてくるよ。ボレーできっちり横向けば、ボールを押せる。

これらを意識してみると、普通にカシュっという音でスピンが打てた。

バックハンドも同じ。ただし、右手主導じゃなく左手のフォアとして。右手に力はいってる。

ボレスト:ボレー1人。ストローク2名(フォアサイドとバックサイド)。片方はストレート勝負。片方はクロス勝負。
前後左右に振る。ボレーは大仏にならないように。打つ方向に対して垂直に。軸足から出る。ミスするときは、体が前向いてる。つま先、つま先を意識。

質問:
ボール1つ、半個ほどアウトする。調整するには?
  力を抜く。思っているより、インパクト時に握っているから弾いてアウトする。
握らず、ゆるゆるで打てばもっとスピンがかかるはず。

ボレーが待ってしまってポヨヨン
  腰を横向きにする。待ってしまわないように、上段に構える。繋ぐなら、フォロースルーを付ける。繋がないなら、フォロースルーなしで、止める。ボールによって打ち方は変わる(テイクバックは同じ)。
チャンスボールの決めボレーなら、パンチボレーで。
グリップは厚く、手のひらからグリップを浮かせて、大きくラケットを寝かせ、インパクトで握る。振ってかぶせないこと。軸足から出る。軸足のままでいてもいい。
これも、打ちたい方向に対して、腰を横に。大仏にならないで~~。

コーチのサーブから試合形式:
コーチ側は並行陣。ポーチに出ること。リターンする人は、ポーチにかからないようにするには、センターバンドから1メートルは向こうを通さないと。なので、相手サービスボックルのコーナーを目指してリターンする。スピードボールでなくて良い。コントロールショットを打つ。

ゲームメイクするなら、センターに集めてワイド。ワイドに追い出して、逆。深く追い出して、ドロップ。など。私はつい、ストロークの時にロブに逃げる癖があるから、低く沈めるようにしなきゃなあ。ショートワイド(ネット近く)に落とされたボールに追いついたときは、極力脱力して回転をかける。力入れて打つとボールは浮くので、反対側へ打たれる。

また、ワイドに追い出されたら、浮かないようにセンターへ沈めれば、返されるコースが限られる。バックハンドはバックハンドで打たないと、回り込むと逆が空く。

サーブ練習:
肩が痛いのは随分マシになった。
しかし、周りが見ても、振りが小さくなっているらしい。痛いのが怖いからね。
だからポワワンサーブになるんだね。
グリップ、なんか握っているから、グリップと手のひらの間に、指一本空くくらいでつかむ。これで脱力して、ぶらんぶらんのサーブを。その方が回転がかかる。

そういわれれば、ストロークのときも同じで、こうやって指一本空けるって言われたんだったのに、忘れてたよ。ぶらぶらしても、指1本空けることを忘れて、密着していたよ。

人間は忘れる動物なのね。
コメント
この記事へのコメント
まだ肩が痛いのですね^_^;

てにままも肩を故障したとき(亜脱臼に近かった)には
整体へ通って、、、一年半もかかったんです。

早く治るといいですね。
2009/05/19(Tue) 23:28 | URL  | てにまま #.I.8kfCM[ 編集]
てにまま♪
3日やすんで、少しよくなりましたが、テニスをすると違和感が。よくなるのかな、と不安になってきました。
1年半もかかったのですか?
同じだとどうしよう~~~。。。
2009/05/19(Tue) 23:54 | URL  | caloline #1L.7Ff6I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック