下がってロブをハイボレーで処理
2009年05月19日 (火) | 編集 |
下がりながらボレーする。
並行陣の時に、ロブで頭上を抜かれ、これをカットする時。
とにかく、正面が一番取り辛いので、フォアかバックかを素早く判断し、ボールの軌道からずれること。フォアならボールの左側へ。バックならその逆へ。

フォアハンド:横向くけど、横向き過ぎたら力はいらないから注意。いつものように左手を残して、右手に添えた感じにすると、左手の反動を使えないから、ロブカットの時は左手は前にして胸を開く。インパクトするときに左手と右手を交差させるように動かして、反動を使って力強いボールを打つ。
また、頭の上でインパクトしてラケット止めないで、ラケットは体の前まで持ってくる。

印象としては、横向きすぎたり(加減は???だった)ラケット引きすぎると、インパクトでガシャりかける。まだ体の開きを押さえた方が当たるが、確かに反動を使えないからボールは弱々しくなる。左手の反動を使うと、ロブカットにしては激しいボールが返せる。

バックハンド:ワンハンドで打つように。打つ方向へ背中を見せるくらいに横向くこと。右肘を曲げてラケットを下げ、インパクトで肘を伸ばす。このとき、ラケットはネットと並行?になる。打点はさほど高くなくて良い。
ボールとの距離感がつかめず、上手く打てないままだった。
しかし、私はバックボレーで届かない時に、相手に完全に背中を見せてタッチで返すから、それに似ている???

両サイドのエンドラインから深いロブをクロスへ~前へ出てボレーをクロス。下がって大きなロブをストレートへ~前へ出て決めボレーをストレート。デュースサイドはバックハンド→フォアハンド、アドサイドはフォアハンド→バックハンド。

ボレー対ストロークをクロスで1対1:ボレー側から球出し、これをストローク側は一本目だけロブ。ボレヤーはロブカットして後は続ける。振り回して前後左右。

試合形式で並行陣対雁行陣:並行陣はニュートラルポジションからスタートしストレートへ球出し。雁行後衛がこれをロブで返して後は自由。
並行陣のとき最初からロブ来ると思って下がったら練習にならないけど、球出ししたら相手を見て(ま、ロブ来ると分かってるが)少し下がるとロブを取りやすい。私はずっとニュートラルポジションのままだから、抜けたボールを取りにくいとMさん。
また、浮いたボールが来そうなら、とっとと前詰めしないともったいない、とMさん。おおきに。

ロブの軌道上に体を置かないこと。軌道からずれて横向きでカットすること。ロブをあげた方はいつまでもロブを見ていないこと。
バックハンドを嫌がらず、なるだけたくさん打って練習すること。
ボールに近づきすぎない。最適な距離を知ること。

まったりしない。まったりするメンバーでもしっかり打っていくこと。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック