打点へは軸足から
2009年05月20日 (水) | 編集 |
ショートテニス:風上からショートテニスする時は、回転を多めにかけるためかな?もっとラケットを斜めにダウンして、と言われる。フォアもバックも。

テイクバックははやくする。ボールの軌道上に入り、打ちたい方向へグリップエンドを向ける、というのは先週。テイクバックの距離、間隔などは個人で打ちやすい点が異なるので、それを見いだして常にそれをキープするように。肘を伸ばしきってもダメだし、曲げすぎて窮屈でもいけない。

今日のショートテニスの自分なりのテーマは、「しっかり振り切る、スイングスピードを上げる」でした。バックはできたけど、フォアはスピードあげると長くなる。

クロスでのボレスト:相変わらずの、振り回し。深く、浅く。追い出して、反対側。ボレー側もストローク側も、打ったら見てないで即座に構える。反応のはやさが全て。
横向けない、前で取ってしまってお尻出た~全部準備が遅くて腰を横向けない、テイクバックが小さいせい。大きく振りかぶるんじゃないけど、開くテイクバック、これを腰は横向いて。後ろから見て、かっこいいフォームを心がけよう。

ストローク、腰を横向きにするんだけど、ボレーでもボールの後ろに軸足を入れるその軸足は打つ方向と垂直?斜め?要は、つま先を前向けてたら、腰は横向かない。この軸足をボールの軌道に入れることで、「タメ」ができる。

これをチャンスボール打ち込みでやってみる。
チャンボには前詰めして、軸足からボールの軌道に入り、熱い握りでフラットで「弾く」
繋ぐボレーは、ラケト面に乗せて押し出すけど、決めは緩めたグリップをギュっと握ってインパクトでおしまい。かぶせないこと。
バックハンドも同じく。バックハンドの方が何故かよかった。

試合形式:ペア変えて1ゲームずつ。アングルボレーと前詰めしてフラットで決めボレーしたら、2ポイント加算。
その前にサービス練数。
しかし、1本目サーブ打ったら。。。。。。「いててててて。。。
普通に素振りだけなら多少の違和感のみで痛みはない。しかし、インパクトでボールが当たると、その衝撃がすごい。なので、衝撃が来ないようにスイングゆっくりのまま軽くボールを当ててサーブしかできん。
なんとか2ゲームとりました。アイちゃん以外は全員2ゲーム。アイスクリーム貰いました。

安易に打たない。
相手前衛にひっかかるボールは打たない。
無意味なロブはあげない。早く構える。まだまだ。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック